新型BMW「M3」に搭載されるエンジンと日本発売時期を予想してみた!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

2018年10月にパリモーターショーで初披露され、7代目へと進化したBMWのDセグメントカー「3シリーズ」の高性能モデル「M3」のテスト車輌が目撃されました。

厳重なカモフラージュが施されており、まだ新型「M3」の全貌を垣間見る事は出来ませんが、その動く姿を見る限り「トップ・オブ・BMW」に相応しいスペックが与えられている様です。

今回のフルモデルチェンジにより6代目へと進化する新型「M3」には新開発のハイパフォーマンスエンジンを始め、BMW史上初となる次世代四輪駆動システムの搭載も噂されています。

「走る喜び」を追求し、世界にその名を轟かせるBMWの「M Sport」に魅せられたユーザーは日本にも沢山いらっしゃいます。

今や遅しと新型「M3」の日本導入を待っているに違いありません。

海外の自動車情報サイト「carscoops.com」に紹介されていたスパイ画像と情報を基に、新型「M3」のエンジンと日本発売時期を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型BMW「M3」スパイ画像

完璧にカモフラージュされており、詳細を確認する事は出来ません。

しかし、リアフェンダーには簡易的なオーバーフェンダーが取り付けられていることから、新型「M3」にはよりグラマラスなボディが与えられることが想像でいます。

カモフラージュに施されている空気の取り入れ口の数の多さからも、新型「M3」に搭載されるエンジンが膨大な冷却装置が必要なのハイパワーユニットであることが分かります。

ルーフにもカモフラージュが展開されているので、先代の「M3」同様に軽量化の為「カーボンファイバールーフ」になっていると予想されます。

ドイツの名門コース「ニュルブルクリンク」にて撮影された新型「M3」と思われるテスト車輌の動画です。

こちらも厳重なカモフラージュによりエクステリアの詳細は不明ですが、加速力、ブレーキ力、コーナリングスピード、そして排気音から察するに明らかに普通の車ではないですよね。

この動画を掲載していた「carscoops.com」でも、「BMWの新型M3は見た目も音も夢のスポーツセダンのようだ」と紹介しています。

確かにずば抜けた戦闘能力を秘めている様ですね。

新型「M3」にはBMWの最新四輪駆動システムである「M xDrive」が搭載される予定です。

兄貴分である「M5」にも搭載された「四輪駆動」と「後輪駆動」を切り替えることが出来るシステムの搭載も期待されています。

新型「M3」はメルセデスベンツAMG「C63」をライバル視しているので、スポーツ走行に特化した駆動システムになりそうです。

「Sport」「Sport+」といったモードに加えて、「ドライ」「ウエット」「スノー」などの路面状況に合わせて最適なグリップとハンドリングをもたらす機能を搭載するという情報もあります。

もしこの最新の「M xDrive」が搭載されれば史上初の四輪駆動の「M3」になるとの事です。

スポンサーリンク

新型BMW「M3」エンジン

新型「M3」のエンジンは「M5」と「M8」のように2タイプ用意されると予想されます。

まだ噂のレベルではありますが、エンジンは3.0ℓでBMW伝統のインラインシックス(直列6気筒)のツインターボエンジンの様です。

それぞれ480PSと503PSを発生させる高性能エンジンが有力視されています。

このボディサイズで500PSの出力のエンジンが搭載されるとは驚きです。

アウディRS4やRS5でも450PSなので、アウディを完全に引き離しにかかっていますね。

組み合わされるトランスミッションは6速マニュアルとデュアルクラッチトランスミッション(DCT)の2タイプが用意される模様です。

DCTは「7速」なのか「8速」なのか、もしかするとレクサスと同じように「10速」もありえるかも?

スポンサーリンク

新型BMW「M3」日本発売時期

新型「M3」は2019年9月に開催されるフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを迎えると予想されています。

これまでワールドプレミアを終えた約3ヶ月後の2019年12月に欧州を中心に受注が開始されるでしょう。

受注開始後、約2ヶ月後に最初の納車が開始されるケースが多いので、2020年2月頃には欧州で新型BMW「M3」を見る事が出来ると推測します。

メルセデスベンツとBMWの日本法人は、新型車種の日本導入に迅速に対応しています。

よって、新型「M3」の日本発売時期は、欧州での納車開始から約半年後の2020年9月頃と予想されます。

欧州での納車開始時期によってはもう少し早くなるかもしれません。

まとめ

新型「M3」に搭載されるエンジンと日本発売時期を予想してみました。

今回目撃されたテスト車両は厳重なカモフラージュに覆われていました。

それだけレギュラーモデルと差別化されたエクステリアになるという証拠です。

先代モデルでは431PSだったパワートレインも、ついに480PSと500PSを超えるスペックのものが搭載される予定です。

ハイパワーエンジンに耐えうるボディ剛性と足回りを獲得する為に補強パーツや軽量化など惜しみない努力を注ぎ込み、走行性能を大きく向上させていると思われます。

さらに「M3」として初めての四輪駆動モデルと噂されている新型「M3」の日本への導入はもう少し後になりますが、期待以上のスポーツセダンとなりそうです。

新型BMW「M3」の発表が楽しみですね。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう