ポルシェカイエンクーペとアウディQ8を比較!どっちのクーペSUVが好み?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

どうも、Mです。

留まることを知らないSUV人気に拍車をかけるように「クーペSUV」という新ジャンルが世界を席巻し始めています。

BMW「X6」に採用されたまるで4ドアクーペをリフトアップしたような車種を発表したことを皮切りに、メルセデスベンツ「GLEクーペ」など、いわゆるスポーツカーさながらのスタイリッシュなクーペフォルムが与えられたSUVが売れに売れまくっているわけです。

その証拠に、あのスーパーカーメーカーである「ランボルギーニ」は「ウルス」という「クーペSUV」を販売し、なんと前年(2017年3,815台)に対して、700台以上も上乗せした4,500台以上を販売しています。

そんな売れ筋の「クーペSUV」市場についにポルシェも参入しました。

ポルシェが誇るSUVにして、高級SUVの先駆けとしても知られるフラッグシップモデル「カイエン」に設定された「クーペ」、その名も「カイエンクーペ」です。

これぞ「シンプル・イズ・ザ・ベスト」と思えるネーミングです。

そんな話題のポルシェ「カイエンクーペ」ですが、人気の「クーペSUV」という事もありライバルも多いのも事実です。

今回はそんなポルシェ「カイエンクーペ」のライバルの中から1台をピックアップして「比較」してみたいと思います。

その「比較対象車」はアウディ「Q8」です。

周知の事と思いますが、「アウディ」と「ポルシェ」は「フォルクスワーゲングループ」の傘下、要するに同じグループに所属する仲間です。

そして、アウディ「Q8」とポルシェ「カイエンクーペ」は同じプラットフォームを共有する兄弟車なのです。

今回の比較では、そんな兄弟対決にフォーカスを当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

ポルシェ「カイエンクーペ」vsアウディ「Q8」の比較動画

まずは海外の自動車情報サイト「TopSpeed」によって作成された素晴らしい動画をご覧ください。

ポルシェ「カイエンクーペ」の映像が少な目な気がしますが、どちらも魅力的なクーペSUVに仕上がっています。

同じプラットフォームを使っているとはいえ、メーカーが違うと雰囲気もずいぶん変わって見えますね。

アウディらしい近未来的なエクステリアとギミックが与えられた「Q8」。

どんなスタイルをしていてもポルシェを感じさせるエクステリアを持つ「カイエンクーペ」。

あなたの第一印象はどちらがお好みでしたか?

スポンサーリンク

ポルシェ「カイエンクーペ」vsアウディ「Q8」【エクステリア】

正直どちらもカッコいい車です。

とは言え、比べるとなれば、「エクステリア」をとことん比べて見ましょう!

フロントビュー

まず最初はフロントビューを比較してみましょう。

やはり車の「顔」と言うだけあって、それぞれのメーカー色がしっかりと反映されています。

アウディ「Q8」には最新のアウディSUVのデザイン言語を取り入れた「8角形のシングルフレームグリル」と猛禽類をイメージさせるシャープなヘッドライトが採用されています。

スポーティな一面とRVのようなオフロードを走れるタフで骨太な印象を与えてくれます。

一方ポルシェ「カイエンターボ」のフロントマスクは、正直なところ真新しさは無いものの、まさに「ポルシェ」そののものといったデザインが採用され、誰が見てもポルシェとわかるデザインとなっています。

SUVでありながらSUVっぽさを感じさせない不思議な存在感のある車・・・・と言うより、雰囲気と言った方がいいかもしれません。

ポルシェはボディスタイルを問わず、メーカーとして一貫性のあるデザインコンセプトを採用する流れがあり、最近ではマツダも「セダン」「ステーションワゴン」「SUV」問わず同じデザインを採用しているので、今後他のメーカーでもこれが主流になるのかもしれませんね。

ポルシェ「カイエンクーペ」にオプションとして採用されるであろう最先端ヘッドライト「マトリックスLEDヘッドライト」です。

ちなみに、この自動配光システムである「マトリックスLEDヘッドライト」を最初に採用したのは「アウディ」ですが、その技術はしっかりとポルシェにも継承されているというわけですね。

ヘッドライトデザインも大きく異なり、アウディのヘッドライト直線的でグラフィックも「ライン」で構成されているのに対して、ポルシェは楕円形のライトを採用し、グラフィックは「4灯式」のLEDというシンプルなもの。

この「4灯式」のデイライトはもともとポルシェのトップモデルのみに採用されていたのですが、今やポルシェのデザインアイコンの一つとなっています。

サイドビュー

サイドビューを比較してみましょう。

どちらもクーペフォルムということあり、甲乙つけがたいスタイリッシュなシルエットとなっています。

アウディ「Q8」のデザインには「直線」用いられているので、ポルシェ「カイエンクーペ」に比べると少しボクシ―な印象を受けます。

「Q8」のCピラー部のクォーターガラスの折り返しは角ばっているのに、「カイエンクーペ」は丸みのある仕上げが施されています。

「ボンネットライン」「ルーフライン」「テールライン」だけ見ればどちらもクーペフォルムなのですが、ポルシェ「カイエンクーペ」の方が圧倒的に「クーペ」に見えます。

水の流れをによって形成される川の岩のように、ただ佇んでいるだけで空気の流れを具現化したようなポルシェ「カイエンクーペ」のシルエットは、さすがと言ったところでしょうか。

殆どの人が「どちらがスポーティか?」と聞かれたらエンジンスペックは別として、間違いなくポルシェ「カイエンクーペ」と答えるでしょうね。

リアビュー

エクステリアの最後はリアビューです。

「Q8」も「カイエンクーペ」も左右のテールレンズを繋げる横一直線のデザインが採用されています。

アウディ「Q8」のリアビューは横基調のラインによって構成され、とてもシンプルで都会的なクールさのある印象を受けます。

一方、ポルシェのリアビューですが相変わらずグラマラスなリアフェンダーアーチとなっており、クーペスタイルになる事でより一層ポルシェ「カレラ」のようなセクシーな雰囲気を身にまとっています。

ポルシェのボリュームのあるグラマラスなラインに合わせるように、テールゲートやバンパーも張り出しの強いパネル形状が採用されています。

なにやらボディービルダーのような太い筋肉を思わせるようなボリューム感とインパクトがありますね。

この2台を見ていると「ベイウォッチ」に出演していたドウェイン・ジョンソン(左)とザック・エフロンを思い出します。

まさに、筋肉ムキムキの「カイエンクーペ」とスタイリッシュな「Q8」のイメージです。(笑)

ポルシェ「カイエンクーペ」のエクステリアには面白いギミックが採用されています。

ポルシェ「カレラ」をはじめ、ポルシェの4ドアクーペ「パナメーラ」にも採用されている電動リアスポイラーです。

走行速度に応じてリアガラス下のアウターパネルが電動で跳ね上があるというものです。

風の抵抗で車を下に押さえつける「ダウンフォース」が目的と言うより、スポーティらしさの演出と言った意味合いの方が強いのかもしれません。

とはいえ、高速道路を走っていて目の前の車の後ろから羽が出てきたらちょっと感動しますよね。

スポンサーリンク

ポルシェ「カイエンクーペ」vsアウディ「Q8」【インテリア】

インテリアを比較してみましょう。

「カイエンクーペ」も「Q8」も最新の車という事あって近代的なインテリアとなっています。

アウディ「Q8」のセンターコンソールには8インチのタッチパネルを採用したエアコンのコントロールユニットと飛行機のスロットルレバーのようなシフトセレクターが確認できます。

ボタン類も少なく、シンプルでスッキリとした印象のインテリアです。

一方、ポルシェ「カイエンクーペ」のセンターコンソールは、シフトバイワイヤー式のシフトセレクターを中心に左右に分かれてボタンが展開しています。

「運転席」「助手席」独立したボタンが配置されていて、センターコンソールからは「掴んで体を安定させろ!」と言わんばかりにハンドグリップが延びています。

一見すると全く違うインテリアですが、同じシャシを共有していることもあり、どちらもセンターに10インチのタッチパネルのインフォテイメントシステムが採用されていますね。

ナビゲーションをはじめ、安全装置やさまざまな車の設定をつかさどるセントラルユニットです。

もちろんインストールされるソフトウェアはそれぞれのメーカーのものですが、ハードウェアは同じ物である可能性は高いでしょう。

さらに、「バーチャルコックピット」も双方に採用されています。

アウディの「バーチャルコックピット」は12.3インチのフルデジタル液晶メーターが採用されていますが、「カイエンクーペ」では、真ん中だけ「アナログ」を採用し、左右に液晶パネルを設置しバーチャルによりポルシェ伝統の「5眼メーター」構成する仕様となっています。

真ん中にだけアナログメーターを残すとはさすがポルシェ、憎い演出ですね。

ちなみに、液晶に表示する情報はハンドルにあるボタンを操作する事によって変更することが出来るので、あなたの好みに合わせた情報を表示することが可能です。

ポルシェ「カイエンクーペ」vsアウディ「Q8」【パワートレイン】

それでは気になるパワートレインを比較してみましょう。

アウディ「Q8」のパワートレインは48Vモーターを組み合わせた3.0リッターV6ターボエンジンが搭載され、最高出力は340PSと必要にして十分のスペックを誇っています。

このパワートレインはアウディ「A7スポーツバック」にも採用されていて、48Vのモーターアシストのお蔭なのかは定かではありませんが、アクセルを踏んですぐ力強いトルクを発生させ一気にピークトルクまでエンジンを回転させることが出来るとても優秀なエンジンです。

本国ではディーゼルエンジンもラインアップしていますが、日本での導入は今のところ未定となっています。

「カイエンクーペ」ですが、ポルシェのホームページで確認したところ「Cayenne Coupe」「Cayenne Turbo Coupe」と記載されています。

ポルシェのSUV「カイエン」では「カイエン」「カイエンS」「カイエンターボ」と3タイプあるんですけど、「カイエンクーペ」では2タイプのようですね。

「カイエンクーペ」のパワートレインですが、エントリモデルの「カイエンクーペ」には、アウディ「Q8」と同じ48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用した3.0リッターV6ターボエンジンが搭載されます。

最高出力340PS、時速100kmへの到達時間は6.2秒と車両重量が2000kg以上あることを考慮すれば優秀なスペックとなっています。

ちなみに、「カイエンターボクーペ」に搭載されるパワートレインは4.0リッターV8ツインターボエンジンと予想され、最高出力は550PS以上、時速100kmまでの到達時間はたったの4.1秒というモンスタースペックとなりそうです。

「Q8」「カイエンクーペ」の比較ではありますが、スタイルは別として「速い車が欲しい」という人には「ポルシェ一択」のような気もしますが、ご安心ください。

アウディ「Q8」も奥の手があります。

2018年に登場した「Q8」ですが、すでに高性能モデルの開発に着手しており、2020までには市場に投入される予定となっています。

噂では「Q8」のハイパフォーマンスモデルとなる「RSQ8」においては最高出力600PSを超えるハイブリッドユニットも開発されているとのこと。

「ポルシェだから速い」「アウディだから遅い」なんて言ってられない時代がくるかもしれません。

「アウディ「Q8」が好みだけど遅い車は乗りたくない!」

そんなあなたにはアウディ「RSQ8」がおすすめです。

まとめ

ポルシェ「カイエンクーペ」とアウディ「Q8」、今人気のクーペSUVの比較をしてみました。

特にプラットフォームを共有するモデルとはいえ、メーカーによってかなり味付けの違うものになっていますね。

というより、同じプラットフォームと気づかれないように思いっきり違う路線で攻めているとも考えられますが・・・。

何はともあれ、どちらもとても魅力的な車で有る事は間違いありません。

アウディ「Q8」にしても恐らく軽く1000万円~1200万円になるだろうし、ポルシェ「カイエンクーペ」に関しても1000万円~3000万円になると思われます。

とても庶民には手が出せない車ですね。(汗)

本国でアウディ「Q8」が発表になってからというもの日本での発表を今か今かと待ちわびている方も多くいると聞いています。

そんな中、ポルシェからもクーペSUVが登場してしまった事で、検討車種をアウディからポルシェへと変えられた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

見比べてみると両者のコンセプトの違いがはっきりと見えてきます。

都会的でありながら本格的なSUVを思わせる頑丈そうなボクシ―デザインの「Q8」

ポルシェ「カレラ」を彷彿とさせる風が流れを表現したようなフォルムと筋肉の塊のようなシルエットをもつ「カイエンクーペ」

どちらがあなた好みでしたか?

ちなみに私はポルシェ「カイエンクーペ」が好みです。

ポルシェ「カイエンクーペ」の日本発売が楽しみです。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう