アウディがQ3サイズの新型コンパクト電気自動車を発表予定!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

アウディからまた新たな車の提案がなされそうです。

アメリカの自動車情報サイトANE(Automotive News Europe)によると、2019年3月に開催されるジュネーブモーターショー2019において、アウディから最も小さいEVである「プレミアムコンパクトSUVコンセプト」(名称不明)が発表されると伝えています。

アウディはこのところ電気自動車に熱を入れていて、2018年は「アウディe-tron」を皮切りに、「アウディe-tron GTコンセプト」も発表し世界を驚かせました。

そして2019年もその手を緩める事はないようです。

アウディが打ち出した新しいコンパクトEVはどのようなSUVになるのでしょうか。

スポンサーリンク

アウディQ3サイズのコンパクトSUV

アウディの新型EVはアウディが手掛けるQ3程のサイズになるとされています。

アウディQ3のサイズは、全長4485、全幅1856、全高1585mmと、正直「コンパクト」と呼ぶには大きいような気がしますが、世界基準で言うと「コンパクト」なのでしょう。

アウディの親会社であるフォルクスワーゲン(以下VW)グループが推進しているMEB電気自動車アーキテクチャーをアウディとして初めて採用するEV車となるようです。

現在VWでもゴルフサイズのコンパクトなEV車、「I.D. Neo」の開発を行っており、そのEV車と同じフラットフォームとモーターを採用することで、開発と製造コストを抑え、アウディ「e-tron」のエントリーモデルとして新型車を加えると思われます。

アウディの電気自動車としては手頃なEV車として設計されている様で、ベストセラーバッテリー駆動車になることが期待されているとANEは伝えています。

アウディは2025年までに12台の完全電気自動車の販売計画を公表しているので、比較的早い段階でのEV市場への参入と実績を積みたいと思っているでしょう。

ハイエンドモデルのEV車よりも手頃なエントリーモデルの投入により「e-tron」ブランドの確立に拍車をかける計画です。

新型コンパクトEV車は「Q3サイズのコンパクトSUV」ということは判っていますが、その詳細はまだベールに包まれています。

スポンサーリンク

アウディの新しいプラグインハイブリッドモデルも発表

ジュネーブモーターショー2019では、新型電自動車とは別に、新たなプラグインハイブリッドモデルの発表があるとANEが伝えています。

ANEによると、アウディのDセグメントSUVであるQ5のプラグインハイブリッドモデルが発表されることが決まっているようです。

アウディQ5と言えば、2019年3月にディーゼルエンジンモデル追加し、まだまだ伸びるであろう日本のSUV市場に打って出ました。

そんなアウディQ5に今度はプラグインハイブリッドモデルが加わります。

日本導入にはもうしばらく時間がかかると思いますが、気長に待ちましょう。

同時に発表されると予想されているプラグインハイブリッドモデルは、Q7もしくはQ8のフルサイズSUVのプラグインハイブリッドモデルです。

これらのフルサイズSUVも世界中で人気がある為、アウディとしてはぜひ押さえておきたいモデルでしょう。

フルサイズSUVというスペーシーな車体には長距離巡行が可能な大型のバッテリーも搭載可能なので、決して難しいことではないでしょうね。

さらに、アウディのフラッグシップモデルであるアウディA8、もしくはA7スポーツバックのプラグインハイブリッドモデル発表も予想されているようです。

やはりライバルであるメルセデスベンツやBMWにはすでにハイブリッドモデル存在しているので、それらに対抗するモデルの追加は避けては通れないはずです。

公害や環境問題の観点からEV車に関心が向きつつある中、やはり充電時間はもとより、充電ステーションのインフラ整備の遅れなどを懸念する購入者層には電気と燃料の両方を兼ね備えた「プラグインハイブリッドモデル」は魅力的な車です。

そんな特殊な車のラインアップにやっとアウディが本腰を上げたようですね。

スポンサーリンク

まとめ

Designsketch

アウディというより、フォルクスワーゲングループは電気自動車の開発に800億ユーロの予算を投入すると発表しています。

これは世界中のどの自動車メーカーよりも多額の投資計画です。

この公表から分かる通り、フォルクスワーゲングループは「電気」を中心とした車両の開発に一気に舵を取ったということです。

アウディが電気自動車を積極的に投入している理由は「電気自動車メーカーとしてのリーダーシップを取るため」と言っても過言ではありません。

アウディグループに属する「ポルシェ」もプラグインハイブリッドモデルを積極的に投入するなど、その一役を担い始めています。

まずは「VW」「アウディ」「ポルシェ」からプラグインハイブリッドを拡充し、今後、同じグループである「ベントレー」「ランボルギーニ」「ブガッティ」と幅を広げていく予定かもしれません。

まぁ、「ベントレー」「ランボルギーニ」は分かるとして、正直「ブガッティ」には速さの追求以外の目的で「電気モーター」を使うイメージが一切湧きませんけどね。(笑)

とにかく、アウディがフォルクスワーゲングループを代表する電気自動車メーカーになっていくような気がします。

2019年後半には、「アウディe-tron Sportback」が新たにラインアップされる予定となっています。

まさに激動の自動車市場において、アウディは積極的に「新しい提案」をし続け、電気自動車という新しいモビリティのリーダーシップを獲得しようとするでしょう。

今後もアウディの動向から目を離せませんね。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう