BMW「5シリーズ」の改良新型の画像が流出!2020年に発売予定!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

BMWのEセグメントモデルでBMWを代表するモデルでもある「5シリーズ」にフェイスリフトを含むマイナーチェンジが施されます。

2016年に発表された7代目「5シリーズ」は、BMWのフラッグシップモデル「7シリーズ」譲りのエクステリアを身にまといワンクラス上の気品を身に付けました。

さらに6代目と比べ、アルミニウムや超高張力鋼鈑の範囲を拡大することでなんと100kgもの軽量化を達成したことでも驚かせました。

クオリティと走行性能を格段に向上させた7代目「5シリーズ」がさらにブラッシュアップされ、2020年に改良新型としてデビューすると予想されています。

今回はそんな改良新型「5シリーズ」のテスト車両の画像をイギリスの自動車情報サイト「Auto Express」によって激写されたのでお伝えしたいと思います。

果たしてどのようなフェイスリフトが施されるのでしょうか。

スポンサーリンク

BMW改良新型「5シリーズ」テスト車両画像

フロントマスクです。

当然ですが、発表前と言うことありカモフラージュが施されています。

一見すると「フェイスリフト」していないようにも見えますので、新旧モデルの比較をしてみましょう。

左がマイナーチェンジ前で右がマイナーチェンジ後なのですが、グリルとヘッドライト周りに相違が確認できます。

さらに拡大してみましょう。

最新のBMWのデザイン言語が取り入れられ、シングルフレーム化されたキドニーグリルに変更されているようですね。

グリルの外側にあった「エッジ」は丸みを帯びており、大型化されているようにも見えます。

ヘッドライト形状もグリル側に”絞り”が入っていたデザインではなく、BMW「7シリーズ」同様のデザインへと変更されていることがわかります。

ヘッドライトグラフィックも同様に「7シリーズ」に通じる最新のデザインが採用されています。

このことから、BMWの改良新型「5シリーズ」は、小さな「7シリーズ」というイメージなのかもしれません。

願わくば、改良新型「5シリーズ」のグリルには「7シリーズ」のような大型のグリルを採用しないでいただきたいです。

サイドビューですが、今回のマイナーチェンジではフロントマスクを中心としたアップデートに留まりそうです。

キャラクターラインやプレスラインには変更はありません。

リアビューにもカモフラージュが施されているので、新旧モデルの比較画像を用意しました。

テールライト形状とグラフィックには大きな変更は見受けられませんね。

もしかするとでテスト車両はダミーライトで、最新のグラフィックデザインが施されたものが存在するかもしれません。

リアバンパーに関しては、多少のデザイン変更が行われている可能性は高いと思われます。

一番はっきりと見て取れるのは、マフラーエンドが「丸型」から「台形」へと変更されている点でしょうか。

スポンサーリンク

プラグインハイブリッドを追加?

今回目撃された改良新型「5シリーズ」のテスト車両のサイドには「Hybrid Test Vehicle」のステッカー?が確認できます。

もしかすると「48Vのマイルドハイブリッドシステム」のことかもしれませんが、海外の自動車メディアによるとプライグインハイブリッドモデルである「530e iPerformance」とのこと。

「530e iPerformance」はモーターのみで約50km走行可能なハイブリッドモデルです。

改良新型「5シリーズ」ではより大型のバッテリーを搭載することで、モーターのみの走行距離を伸ばすようです。

日本では展開されていないモデルなので馴染みはありませんが、改良新型「5シリーズ」で展開されるかもしれませんね。

さらに、改良新型「5シリーズ」では新たに「M550i」を追加する予定となっています。

4.4ℓV8ツインターボのガソリンエンジンが生み出す最高出力は460PS以上と予想されています。

スポンサーリンク

まとめ

BMWを代表するモデル「5シリーズ」のマイナーチェンジ情報をお伝えしました。

Eセグメント車種は、メルセデスベンツ「Eクラス」、アウディ「A6」、レクサス「ES」などのハイエンドモデル市場です。

そのアッパークラス層をターゲットとした位置づけを守る為、各メーカーの最新のデザイン、最新の技術、最新の装備が試されるモデルです。

ユーザーも高級車を乗り継いだ目の肥えた人ばかりなので、決して妥協は許されません。

改良新型「5シリーズ」にはエクステリアだけではなく、インテリアに搭載されるインフォテイメントシステムや安全運転支援システムなどのアップデートも行われると思われます。

新型「5シリーズ」の発表は早ければ2019年の年末と予想されています。

欧州を中心として、2020年の年初には発売されるでしょう。

日本に導入されるのは2020年夏頃となると思われるので、気長に待つ必要があるようです。

改良新型「5シリーズ」に期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう