アウディ新型「A3」の高性能モデル「S3セダン」と先代モデルを比較してみた件!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どうも、Mです。

アウディの人気コンパクトセダン「A3セダン」のフルモデルチェンジが近いということもあり、「A3セダン」の高性能モデルである「S3セダン」もついに目撃されました。

2019年中の新型発表が見込まれているアウディ「A3シリーズ」ですが、まだ厳重なカモフラージュの手は緩まないようです。

アウディ「A3セダン」は全長4500mm以内という最小限の大きさに留められことによるコンパクトさとハイセンスなデザインが特徴の車です。

セダン車と聞くとタクシーのような味気ない箱車を想像しがちですが、アウディ「A3セダン」は違います。

正当なセダン形状でありながら、シングルフレームグリルを中心に内側から外へ、そして前から後ろに流れるラインが「若さ」と「スポーティさ」と「上品さ」を演出しています。

まさにアウディの「A3セダン」は老若男女、誰が乗っても似合ってしまう車の一つだと思います。

アウディ「A3セダン」はフルモデルチェンジ向けて着実に開発が進められています。

そしてアウディ「A3セダン」の高性能モデル「S3セダン」も最終段階へと駒を進めているようです。

今回は目撃された新型アウディ「S3セダン」と先代モデルとを比較し、変更点を見つけてみたいと思います。

スポンサーリンク

新型アウディ「S3セダン」の変更点

まずはフロントマスクから比較してみましょう。

左が先代モデルで右が新型「S3セダン」です。

アウディのデザインアイコンである「シングルフレームグリル」の形状は先代モデルと比べ、よりワイド&ローな形状に変更されていることが確認できます。

さらに先代モデルでは横基調だったグリルは「ハニカムメッシュ」へと変更されています。

これだけでも大分印象が変わりますね。

車の印象を決定づけるヘッドライトも大きく変更されています。

先代モデルのヘッドライト(右)と比べ新型のヘッドライト(左)の形状はよりシャープでアグレッシブなデザインに変更されいることがわかります。

ヘッドライトグラフィックに関しても、これまでの直線だけで構成されたものではく、新型「A4」にも取り入れられている複雑なグラフィックが採用れています。

フロントバンパーはカモフラージュ越しにしか確認できませんが、横長にデザインされた先代モデルとは違い、縦のスペースを有効に使うことによってさらに「スポーツカー感」が増しているように思えます。

サイドビューを比べてみると、驚くべきことが分かります。

なんと、シルエットはおろか、キャラクターラインやダイナミックラインの位置すらほぼ現状維持で変えられていないのです!

「えっ?まさかの手抜き?」

いえいえ、違いますよ。

先代モデルですでに完成されたシルエットとラインを持っていたからこそ、新型になっても大きく変える必要がなかったと考えるべきです。

強いていうなら、ドアパネルのキャラクターラインがこれまでの指でつまみ上げたような鋭いプレスラインから、パネルの陰影を活かせるように緩い曲線に変更されている点でしょうか。

あと、トランクスポイラーが少しだけ大型化されているようですね。

新型「S3セダン」専用のアルミホイールかは不明ですが、これまで見たことがないデザインのものを採用しています。

まるで中心に向かって雷が集まっているようなデザインからは都会的な印象を受けます。

これだけカモフラージュされていても、このサイドシルエットからアウディ「A3セダン」であると分かるほどです。

アウディだけにしか表現できない絶妙なバランスや割合で構成されたデザインだと改めて思い知らされますね。

リアビューを比べてみると、まず目に付くのはテールライトグラフィックです。

縦ラインが強調された最新のグラフィックデザインが与えられたことによって、一気に先進性が増しています。

グラフィックだけではなく、テールレンズ形状が薄く直線的になったことで、トランク部のラインも若干ストレートになっているように見えます。

リアパンパーのプレスラインとリフレクターを少し上に引き上げられることで、よりスポーツカーのリアビューっぽさが増しています。

アウディ「Sシリーズ」を象徴する4本出しマフラー、「クワッドエキゾースト」も確認できますので、このテスト車両は間違いなく「S3セダン」であることを物語っています。

リアビューに関しては、今回のフルモデルチェンジで一番の大変身を遂げているところではないでしょうか。

これまでの「S3セダン」はどこか「羊の皮を被ったオオカミ」的な部分が見受けられましたが、新型「S3セダン」ではオオカミは羊の皮から顔を出してしまっているようですね。

少なくとも個人的にはかなり好印象です。

スポンサーリンク

新型「S3セダン」のパワートレインを予想

フルモデルチェンジでもう一つ気になるのは新型にどのようなエンジンが搭載されるのかという点です。

先代モデルでは290PSを出力する高性能な2.0ℓ直列4気筒ターボエンジンが採用されていました。

新型「S3セダン」に搭載されると予想されているエンジンは、新開発の2.0ℓ直列4気筒ターボエンジンです。

2021年から開始される厳しい排ガス規制「WLTP法」適合の為、48Vのマイルドハイブリッドシステムが搭載される可能性もあります。

マイルドハイブリッドシステムの採用により、時速55km~160kmの惰性走行中においてはモーターがエンジンをアシストするため燃費向上に一役買っています。

走行性能においても、マイルドハイブリッドシステムが発進時に5PS程のですが、エンジンをアシストすることによって、ガソリンエンジンのみでは考えられないようなスムーズでパワフルな加速を実現しています。

新しい技術の導入により、新型「S3セダン」に搭載される新型パワートレインの最高出力は300PS超えは確実とされています。

おそらく日本仕様より30PSアップの320PSあたりが現実的な数字ではないでしょうか。

0-100km/hが4.7秒だったタイムも0.1秒縮まり、4.6秒ほどになると予想されます。

トランスミッションは7速Sトロニック(デュアルクラッチトランスミッション)に最新の四輪駆動システム「quattro」が採用されます。

スポンサーリンク

まとめ

アウディの新型「S3セダン」と思わるテスト車両と先代モデルを比較して変更点を見てみました。

開発も最終段階と言うこともあり完成度は高いようです。

新開発のヘッドライトとリアテールライトによりさらに先進性が増したように思えます。

一方で、なんでも闇雲に新しくするのではなく、先代モデルの良いデザインと個性は残しブラッシュアップされたという印象も受けます。

それにより一目でアウディ「A3セダン」「S3セダン」と認識できるデザインになっているのでしょうね。

新型アウディ「A3」のワールドプレミアは2019年中に行われる予定ですが、高性能モデルである「S3」の発表はもう少し後になりそうです。

予想としては2020年夏頃の発表で、同年の秋ごろから発売が開始されると思われます。

となると、日本導入は2020年後半から2021年始めにかけてということになりそうですね。

いずれにしても、新型「S3」の登場は気長に待つ必要がありそうです。

新型「S3」の発表に期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

関連記事

アウディの購入をご検討のあなたへ

アウディの車を安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう