アウディ「RSQ3スポーツバック」は400馬力以上エンジンを搭載し2019年に発表予定!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

ドイツの自動車メーカーであるアウディの新型クーペSUV「Q3スポーツバック」」に高性能モデル「RSQ3スポーツバック」」が設定されるようです。

アウディ「Q3スポーツバック」は2019年7月に発表されたアウディ初のコンパクトクーペSUVモデルです。

テスト車両が目撃された時は「Q4」だと予想されていましたが、まさかの「Q3」の派生モデル「Q3スポーツバック」として正式発表されたのには驚きましたね。

そんな「Q3スポーツバック」の高性能モデルとなる「RSQ3スポーツバック」のテスト車両が早くも目撃されました。

「クーペSUV」を購入するオーナーの傾向として、クーペフォルムという見た目だけではなく、ある程度のスポーティな走行性能も望んでいるようなのです。

その欲張りな需要に対応する為、レギュラーモデルの開発と同時に「RS」の開発を進行しているのだと思われます。

それだけ「クーペSUV」という車が人気があるということなのでしょうね。

そんな異例の速さで開発されているアウディ「RSQ3スポーツバック」のプロトタイプからスペックを予想していきましょう。

スポンサーリンク

アウディ「RSQ3スポーツバック」エクステリア

アウディ「RSQ3スポーツバック」のフロントマスクです。

「RS」シリーズに見られる「ハニカムメッシュグリル」をはじめ、ロアグリルとサイドエアインレットにも同じデザインの「ハニカムメッシュ」が採用されています。

これまで「RS」に採用されていた「ハニカムメッシュグリル」はもっと目が細く、網状だったんです。

しかし、最新のアウディ「RSQ3スポーツバック」のグリルを見てみると、メッシュグリルの形状は大きくなり、かなり立体的になっていることがわかります。

フルカモフラージュされているにも拘わらず、グリルとエアインレットだけでもこのプロトタイプが普通のスペックではないことが伺い知れます。

そして何より「Audi Sport」のロゴがプリントされた巨大なブレーキキャリパーを確認することが出来ます。

アウディ「Q3スポーツバック」に搭載されると予想されている1.5リッターの150馬力エンジンや2.0リッターの200馬力のエンジンには不必要なスペックを誇るブレーキユニットが物語っているのは、このプロトタイプのボンネットの下に収められている「化け物」の戦闘能力でしょう。

こちらはサイドビューです。

もう一度フロントのブレーキユニットを見て下さい。

ブレーキローターが「ブラック」です。

おそらく「カーボンディスクローター」だと思われます。

そんなレーシングカーにも採用されているブレーキユニットが用意されているところを見るとアウディが本気で「RSQ3スポーツバック」を「スーパークーペSUV」にしようとしていることがわかります。

リアビューを確認しましょう。

マフラーも「RS」のデザインアイコンである楕円マフラー「オーバルマフラー」であることが確認できます。

ホイールアーチはオーバーフェンダー化され、ワンサイズ上のタイヤが装着可能となっています。

にしても、カモフラージュから覗いている「ライトグリーン」のボディカラーは「RSQ3スポーツバック」のイメージカラーなのでしょうか?

フルカモフラージュにより詳細はわかりませんが、この色は「RSQ3スポーツバック」に似合いそうですね。

スポンサーリンク

アウディ「RSQ3スポーツバック」スペック

アウディ「RSQ3スポーツバック」に搭載されるパワートレインはアウディ伝統の2.5リッター5気筒ターボエンジンであることはほぼ確実と思われます。

何度もエンジンオブザイヤーを受賞した絶賛のエンジンであり、そのエンジン専用に開発されたデュアルクラッチトランスミッションとの相性も素晴らしいものがあります。

アウディのリアルスポーツカーである「TTRS」と私の愛車である「A3 Sportback」の高性能モデルである「RS3 Sportback」にも採用されていて、その最高出力は400PSという高性能エンジンです。

そんな2.5リッター5気筒エンジンですが、ライバルである新型メルセデスAMG GLA 45に搭載される予定のエンジンが400PS以上である可能性が濃厚となっており、アウディ側もファインチューニングを行う必要があるようです。

新型2.5リッター5気筒ターボエンジンの最高出力は420PS以上になると見られていて、そのハイパワーを制御する為、アウディ「RSQ3スポーツバック」のプロトタイプに見られる「カーボンディスクローター」のブレーキユニットが必要になっていると推測されます。

そうなると双子である「RSQ3」にも同じパワートレインが採用されるわけですので、「SUV」と「クーペSUV」をお好みで選ぶことが出来るというわけです。

スポンサーリンク

まとめ

まさかこんなに早い段階でアウディ「RSQ3スポーツバック」の開発が行われているとは驚きです。

それだけ世界中から望まれているジャンルの車ということなのでしょうね。

確かにアウディのライバル会社は早くから「クーペSUV」モデルを販売していてたので、言い方を変えれば「やっと出してきたか」ということなのかもしれません。

アウディ「Q3スポーツバック」そして「RSQ3スポーツバック」の正式発表も楽しみなのです。

ちなみに、「Q4」という車は幻だったかと言うとそうではありません。

実はフランクフルトモーターショー2019にて「アウディQ4 e-tron concept」が発表されることが決まっています。

「Q4」はアウディが展開する電気自動車モデルである「e-tron」として発表される可能性が濃厚です。

アウディに新たにラインアップされるクーペSUVモデル「Q3スポーツバック」とその高性能モデル「RSQ3スポーツバック」の正式発表が楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう