メルセデスベンツのエントリーSUV「GLA」がフルモデルチェンジ!2020年に発表か?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

メルセデスベンツのエントリーSUVモデル「GLA」の次期型と思われるテスト車両が初めて目撃されました。

「GLA」は、2014年5月から日本で販売されているメルセデスベンツの最もコンパクトなSUVモデルです。

SUVというよりはクロスオーバーに近いボディが与えられた「GLA」の最大の特徴は、全高1,545mmという立体駐車場に収まる車高です。

一方で、その低い車高はスタイリッシュで都会的な印象があるものの、車高の低さによる乗り降りのしやすさに不満を覚えたユーザーも多かったかもしれません。

そんな「GLA」がついにフルモデルチェンジを迎えようとしています。

今回目撃されたテスト車両には厳重なカモフラージュが施されていましたが、ボディサイズをはじめ、ヘッドライトデザインやボディシルエットから新型「GLA」と見て間違いなさそうです。

スポンサーリンク

新型「GLA」のテスト車両

新型「GLA」のフロントマスクです。

御親切にメルセデスベンツの象徴である「スリーポインテッドスター」は御開帳しています。

厳重なカモフラージュが施されていますが、全体的なシルエットは現行モデルの「GLA」のようなクロスオーバーではなく、もっと「GLB」や「GLC」などのSUVモデルのシルエットになっていることが確認できます。

ヘッドライトデザインは最新のメルセデスベンツのSUVモデルに採用されているデザイン言語が採用されています。

明らかに車高が高くなり、ボディは丸みを帯びていますよね。

特に新型「GLA」のボンネットからフロントガラスのラインが一気にSUVチックになっています。

新型「GLA」のサイドビューです。

現行モデルよりも明らかにSUV感が強くなっていることがわかります。

ルーフラインが後ろ下がりになっているので、現行「GLA」のクロスオーバーの要素は残しているようです。

Cピラーの広さから推測するに、クオーターガラスが大幅に拡大しそうです。

メルセデスベンツは新型「GLA」をしっかりとしたSUVにしようとしているようですね。

キャラクターラインに頼らず、面による力強さを表現するメルセデスベンツらしいパネルになっていると思います。

よく見るとフロントのブレーキディスクにはドリルドのブレーキディスクが採用されています。

このテスト車両のボンネットの下には「じゃじゃ馬」が息をひそめているようですね。

リアビューです。

まず目に飛び込んでくるのは、外側と内側に分けられた最新のデザイン言語によるテールライトグラフィックです。

2019年6月に発表された同社のコンパクトSUV「GLB」にも採用されていたデザインです。

現行のテールライトデザインはボディの大きさに対してちょっと大きめだったのに対して、新型「GLA」ではボディの大きさと比べてもバランスのいい大きさになっています。

リアバンパーに関しては、厚みと膨らみを持たせることで力強いSUVのリアパネルを演出しています。

さらに、リアフェンダーからリアドアのあたりを見てみると、フェンダーのボリュームをそのままリアドアの下の方に、そしてフロントドアへ流れるようなデザインが採用されています。

このボディラインはメルセデスベンツで最もコンパクトなSUVのデザインとしては大胆ですね。

まだテスト車両なので、インテリアデザインの情報は一切ありません。

しかし、「Aクラス」をベースとしている以上、「Aクラス」のインテリアデザインに沿ったものになると思われます。

デジタルクラスターとインフォテイメントシステムを一枚のディスプレイのように繋げたデザインを採用した最新のインテリアにちょっとしたハンドグリップなどのSUVの要素を取り入れるくらいになると思われます。

それか、潔く「Aクラス」のインテリアのままを貫くかですね。

いづれにせよ、自動車営業マンとしての勘ですが、この車・・・・売れます!

スポンサーリンク

新型「GLA」の発表時期は?

テスト車両が目撃されたということは、新型「GLA」の開発は最終段階になっていると考えられます。

公道テストでは乾燥した路面である「ドライ」、濡れた路面である「ウェット」、そして雪上である「スノー」のテストが行われます。

今のタイミングで「ドライ」と「ウェット」の走行データをそろえて、2019年後半に北極圏で「スノー」の走行データを取ると思われます。

よって、新型「GLA」のワールドプレミアは2019年中ではなく、2020年初頭であると思われます。

そうなると新型「GLA」のワールドプレミアとしてふさわしい舞台は、毎年春にスイスで行われている大規模な国際自動車見本市「ジュネーブモーターショー」の可能性が高いです。

「ジュネーブモーターショー」は欧州での開催ということもあり、欧州メーカーが特別視しているモーターショーの一つです。

目撃されたタイミングから推測しても、メルセデスベンツは新型「GLA」の発表の目安として「ジュネーブモーターショー」を目標にしているでしょうね。

もし「ジュネーブモーターショー」でワールドプレミアされれば、新型「GLA」の発売は2020年6月~8月となるでしょう。

しかしこれは、残念ながら「欧州」での話です。

日本はと言うと、欧州発表から最速でも6ヶ月程時間が必要となるので、日本での新型「GLA」の発表は早くても2021年初頭になると思われます。

スポンサーリンク

まとめ

メルセデスベンツのエントリークロスオーバーSUV「GLA」のフルモデルチェンジについてご紹介しました。

現行モデルの「Aクラス」をリフトアップしただけのものとは違い、「Aクラス」のSUVモデルにふさわしいものになると思われます。

新型「GLA」は、コンパクトながら本格的なSUVの風格と、クロスオーバーのスタイリッシュさを兼ね備えた次世代クロスオーバーSUVモデルです。

一日でも早くあの分厚いカモフラージュの下に隠された新型「GLA」の全貌を見てみたいものですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よく読まれています

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう