「ワイルドスピード/スーパーコンボ」でショウが運転する車は何?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

どうも、Mです。

ユニバーサル・ピクチャーズが製作する世界的大ヒットシリーズの最新作「ワイルドスピード/スーパーコンボ」が2019年8月2日より日本で公開されました。

「ワイルドスピードシリーズ」の見どころと言えば、大迫力のアクションもありますが、個性豊かなキャラクター達と「車」を使ったド派手なカーアクションではないでしょうか。

「ワイルドスピード/スーパーコンボ」でも度肝を抜くカーアクションが繰り広げられます。(2:25)

9作目となる「ワイルドスピード/スーパーコンボ」の主人公はビン・ディーゼル演じるドミニク・トレッドではありません。

「ワイルドスピード/スーパーコンボ」の主人公は2人います。

一人は、ドミニクファミリーの協力者であり規格外のパワーを持つ元FBI特別捜査官ルーク・ホブス(ドウェイン・ジョンソン)。

そしてもう一人は、これまた規格外の強さを誇る元MI6エージェントのデッカード・ショウ(ジェイソン・ステイサム)です。

どちらも人気の高いキャラクターなだけに世界中から注目を浴びています。

そんな人気キャラクターの一人であるデビッド・ショウが運転する車がド派手なアクションを繰り広げています。

予告映像にはトラックの間をドリフトで切り抜けるシーンが紹介されています。

まるでSF映画から飛び出してきたような現実離れしたエクステリアを持つその車こそ、今回ご紹介する車です。

それでは「ワイルドスピード/スーパーコンボ」でショウが運転していた車をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

マクラーレン「720S」

映画「ワイルドスピード/スーパーコンボ」でデッカード・ショウが操る車はマクラーレン・オートモーティブ社が製造販売を手掛ける「720S」というスーパーカーです。

車両価格はなんと3338万円~となっています。

3338万円で購入可能ですが、このクラスの車はオプションを付けてなんぼの世界なので、実際に販売されている車の平均価格は5000万円前後になるのではないでしょうか。

マクラーレンオートモーティブはイギリスの自動車メーカーで、2009年にマクラーレンのロードカー部門として設立されました。

マクラーレンと言えば、あの世界最高峰の自動車レース「F1」に1966年から参加している名門中の名門でもあります。

日本でも、あの音速の貴公子と言われたアイルトン・セナ氏がステアリングを握っていた「マクラーレン・ホンダ」が有名なのではないでしょうか。

そんなバリバリの名門レーシングチームのDNAを引継いだマクラーレン・オートモーティブのロードカーがマクラーレン「720S」です。

「720S」の意味は、ずばり搭載されているエンジン出力である「720馬力」がそのまま車名になっています。

まずはマクラーレン「720S」の華麗な走行シーンをご覧ください。(1:44)

まるでゲームのようなPVですが、これ実際に走っている映像です。

マクラーレン「720S」は、2017年3月に行われたジュネーブモーターショーで初お披露目されました。

これまでの「P1」ルックではなくなり、最新のマクラーレンのデザイン言語によって再構築された佇まいはまるでSF映画から出てきたような未来的な造形になっています。

ホホジロザメからインスピレーションを受けたというフォルムには、美しい曲線美と獲物を狙う獰猛な捕食動物の躍動感が絶妙なバランスで共存しているように思えます。

美しいデザインを崩すことなく、空気抵抗の低減やダウンフォースの確保、そして、空気をエンジンルームに効率的に誘導するなどの究極のエアロダイナミクスを得ています。

まさに、速く走る為にデザインされた車と言っても過言ではないでしょう。

マクラーレンのアイコンの一つと言えばやはりこのドアでしょう。

ランボルギーニ社のアイコンで「カモメの翼」という意味がある「ガルウィングドア」のように真上に上がるのではなく、ドアパネルが前面に向く様に開くのが特徴です。

この「720S」に採用された魅力的で印象的なドアが「ディヘドラルドア」と呼ばれています。

通称「バタフライドア」とも呼ばれているこの開き方は、スーパーカーならではの優雅さの為だけではありません。

マクラーレン「720S」のコックピットは通常の車と比べるとやや中央に設置されているため、通常のヒンジドアではかなり乗り降りがしにくいのです。

その為このように上に開くドアが採用されているんですね。

インテリアを見てもらうとシートポジションが中心によっている為、センターコンソールがアームレスト程の幅しかありません。

インフォテイメントシステムも幅を取らない様に縦長の形状が採用されている程です。

コックピットにはデジタルメーターが採用され、常に「720S」の走行状況が確認できるシステムになっています。

ステアリングのすぐそばにインフォテイメントシステムが設置されていることから分る様にかなりタイトな室内となっています。

映画ではショウとホブスだけでも窮屈なのに、ハッティまで乗車していましたね。

インフォテイメントシステムではトラクションコントロールのオンオフだけではなく、調整も可能です。

細かく調整出来る為、あなたの乗り方にあったセッティングが可能となっています。

インフォテイメントシステムの下には、エアコンユニットとエンジンスタートボタンが確認できます。

アームレストへとつながるセンターコンソールにはアルミ製のスイッチギア設置されています。

メーカーが最も豪華なキャビンと言うだけあって、レーシングカーのようなストイックさの中に上質な素材を惜しげもなく使用した気品ある室内になっていると思います。

そんな豪華なキャビンが収まるモノコックはカーボンファイバー製です。

「MonoCageⅡ」と呼ばれるフレームは、ドライバーとパッセンジャーを確実に保護しつつ、スリリングなドライビングダイナミクスを実現しました。

なんと結合部の無い「ワンピースカーボンフレーム構造」となっている為、低重量かつ高強度に仕上がっています。

さらに、ピラーを極限まで薄くすることで良好な視界確保も考慮されデザインされた「720S」専用のフレームです。

ドライバーの背中に搭載される「720S」の心臓部には、4.0ℓV8ツインターボのガソリンエンジンが採用されています。

最高出力はその「720S」という車名通り720馬力、最大トルクは600Nmにも達します。

時速100km到達までに必要な時間はたったの2.9秒です。

リアガラス越しに見る事が出来るエンジンは情熱的な赤のイルミネーションにって照らされているというオシャレな演出がされています。

720馬力という出力を持つ「720S」には、そのパワーに負けない強靭な足腰が必要となります。

「720S」のサスペンションは5年の歳月をかけて名門ケンブリッジ大学で学んだノウハウが余すことなく注ぎ込まれています。

公道でもコースでも圧巻の走りを実現する為、サスペンションに取り付けられた各種センサーからの情報を基に、路面の状況を把握します。

そして、タイヤのグリップ力を最大限発揮できるセッティングを設定するのです。

これにより、運転の仕方、道路状況、ドライバーのスキルドライバーだけに頼ることなく、楽しく安全に「720S」のドライブを楽しむことが出来ます。

『「720S」は執拗に可能性の限界を追い求める情熱を形にしたマシン』

メーカーは「720S」をこのように表現していますが、まさにその通りのスーパーカーだと思います。

スポンサーリンク

まとめ

シリーズ史上最強&相性最悪コンビによるカーアクションムービー「ワイルドスピード/スーパーコンボ」でショウが運転する車『マクラーレン「720S」』をご紹介しました。

劇中ではお互いを罵り合っていましたが、それはお互いの実力を認めているからこそなのでしょうね。

ちなみに、デッカード・ショウのガレージと思われるところにはたくさんの車が停めてありました。

デッカード・ショウはイギリス人という事もあり、イギリスの自動車メーカーであるマクラーレンをはじめ、ミニクーパーのような車も確認できますね。

しっかりとキャラクター設定がなされています。

「007」のジェームス・ボンドが「アストンマーティン」なら、デッカード・ショウは「マクラーレン」でイギリスをアピールしていますね。

映画に登場するマクラーレン「720S」はマクラーレンのフラッグシップモデルに相応しいスペックを持った車です。

是非一度乗ってみたいものですね。

最後まで読んでいただき誠にありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう