ブガッティが初のSUVを発売?新型車は1800馬力越えのエンジン搭載の可能性も?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

フランスに本社を置くハイパーカーメーカーであるブガッティが同社として初となるSUVモデルを開発しているという噂が絶えません。

2019年初めにあるメディアがブガッティ社にSUVの発売の可能性を問うと「NO」という回答が返ってきたと伝えています。

しかしながら、それでもブガッティからSUVモデルが発表されるという噂は消えることは有りません。

「火のない所に煙は立たぬ」という諺(ことわざ)があるように、ブガッティがSUVモデルを開発しているのではと思われるような動きをしているからこそ噂が消えないのでしょう。

今回はそんなハイパーカーであるブガッティの新型SUVモデルについて色々と調べてみました。

スポンサーリンク

ブガッティ初のSUVモデルのCG

海外の自動車情報サイト「motor1.com」に掲載されていたブガッティのSUVモデルの予想CGです。

ブガッティ「シロン」のデザインにインスピレーションを得たデザインとなっています。

SUVフォルムになった時点でブガッティらしくないと思っていたのですが、このCGだと案外悪くないと思えます。

むしろこれはこれで有りなデザインです。

ブガッティのデザインアイコンである馬の蹄の形をしたグリルも様になっていますね。

ヘッドライトの下にデザインされているデイライトはSUVオリジナルのものになっています。

よく見ると同じフランスの自動車メーカー「ルノー」にも見られるデイライトデザインのようです。

ブガッティはフォルクスワーゲングループなのでこのデイライトデザインの採用はまず無いと思いますが。

予想CGのリアビューです。

ブガッティ「シロン」のテールライトデザインを中心に構成されています。

フロントデザイン同様、リアデザインも意外とカッコいいですね。

中央にまとめられたマフラーエンドもブガッティらしくて良いです。

とは言え、ブガッティが作るSUVにこんないかにもSUVというボリュームのあるボディが採用されるとは思えません。

もしブガッティがSUVモデルを作るとしたらアウディ「Q8」のようなクーペSUVフォルムを採用すると思われます。

こっちのフォルムの方がよりハイパーカーらしいものになると思います。

スポンサーリンク

本当にブガッティがSUVモデルを発表するの?

本当にブガッティはSUVモデルを発売するのでしょうか?

その答えは「NO」でもあり、「YES」ですもあります。

実はVWのCEOであるハーバート・ディース氏がブガッティの2番目の商品としてクロスオーバーモデルを求めていると述べたのです。

ブガッティとしても親会社であるVWのCEOの願いを無下にすることはできません。

とは言え、どこにでもあるSUVモデルにすることはブガッティのプライドが許しません。

そこでブガッティが出した答えは3ドアのクロスオーバーだと言われています。

それこそがブガッティのSUVモデル発表の噂の根源なのかもしれません。

スポンサーリンク

1800馬力以上あるパワートレイン

ブガッティの2番目の商品として3ドアクロスオーバーが検討されているわけですが、そのスペックにも注目が集まっています。

現在ブガッティが販売するハイパーカー「シロン」には8.0ℓW型16気筒4ターボエンジンが搭載されています。

その規格外のエンジンが発生させる最高出力はなんと1500馬力にも達します。

もはや想像もつかない程のパワーです。

ブガッティの新型3ドアクロスオーバーにはその1500馬力を大幅に上回る1800馬力以上のスペックを誇るパワートレインが採用されると噂されているのです。

ついに新開発の10.0ℓW型20気筒5ターボエンジンか!?

と思いきや、なんと電気モーターではないかと予想されているのです。

実はブガッティはポルシェを通じてクロアチアのハイパー電気自動車メーカー「Rimac(リマック)」と接触し、バッテリーを含むパワートレインの売買を行ったとされています。

Rimac(リマック)は2019年3月に1941馬力という驚異的なパワー発生させるパワートレインを搭載するコンセプトカーを発表しています。

ブガッティはその高い電気自動車の技術に注目し、新型モデルに採用出来ればと考えたのでしょう。

3ドアクロスオーバーとはいえ、2ドアのレーシングカーフォルムに比べればボディのねじれ等が増加します。

そこで3ドアクロスオーバーのボディ剛性の限界である1850馬力を上限として開発されると思われます。

まとめ

世界的に有名なハイパーカーメーカーであるブガッティが手掛ける初のSUVモデルについてご紹介しました。

今のところブガッティからは正式なアナウンスはありません。

しかし、ブガッティは「シロン」とは別の何かを開発していることは間違いありません。

それがSUVであっても何の不思議もありません。

ブガッティのユーザーはプライベートジェットやクルーザーを所有する超が付くお金持ちであり、ブガッティのブランドを品格を下げることない経歴の持ち主のみしか購入することは出来ません。

買う為には審査があり、ブガッティを所有するに足る人物にしか売らないというのがブガッティのスタンスです。

要するに、「買えるだけのお金があるから買う」ということが出来ないのです。

そんなブガッティにSUV、というかクロスオーバーが発売されれば、世界中のお金持ちによる争奪戦が繰り広げられるでしょうね。

とにかく、ブガッティから3ドアクロスオーバーモデルが発表されることを期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう