2020年に発売予定のメルセデスベンツの新型SUV「GLB」が日本で売れそうな件!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

どうも、Mです。

ドイツの自動車メーカーであるメルセデスベンツより新しいSUVが登場します。

その名も「GLB」。

その名の通りメルセデスベンツの「Bクラス」をベースとしたSUVとなり、メルセデスベンツのSUVである「GLA」と「GLC」の中間に位置するサイズとなる予定です。

世界中で巻き起こっているSUV人気は留まるところを知りません。

各社鎬(しのぎ)を削ってまったく新しいSUVモデルの開発に余念がないようです。

今回メルセデスベンツから発売が予定されれている新型SUV「GLB」も、そんな背景により誕生した車であることは言うまでもありません。

現在2019年の発表に向け着々と開発が進められているメルセデスベンツの新型SUV「GLB」のスパイフォトから色々と想像してみましょう。

スポンサーリンク

新型SUV「GLB」のエクステリア

メルセデスベンツの新型SUV「GLB」のフロントマスクです。

相変わらずフルカモフラージュによって詳細は分かりませんが、そのフォルムを見るとまるでメルセデスベンツのフルサイズSUV「Gクラス」から影響を受けていることがうかがい知る事が出来ます。

「いかにもSUV」と言わんばかりのシルエットは「Aクラス」のSUV「GLA」のような4ドアクーペのような低いデザイン重視のフォルムではありません。

さらに「Cクラス」ベースのSUV「GLC」のような大きいボディ―サイズではなさそうです。

「GLB」のベースである「Bクラス」は「徹底的に磨き上げられた使いやすさと心地よさ」をコンセプトとしたアクディビティ要素の強いモデルです。

そのため、ある程度の趣味に対応できるようラゲッジルームは広く設計され、その最大容量は1,547ℓとコンパクトカーとしては広いラゲッジスペースとシートアレンジを持つ車です。

そんな「Bクラス」はアウトドア志向のユーザーにとって、まさに「うってつけのベース車輌」というわけですね。

「GLA」「GLC」と比べてもハイルーフ仕様となっていて、荷物が詰めそうですし、ルーフレールも多種多様な「ルーフバー」に対応出来る様にボディから浮かせてあります。

メルセデスベンツ「GLB」のリアビューです。

リアから見るとそのラゲッジスペースの広さが余計に際立ちます。

「GLA」や「GLC」のような緩やかな傾斜のついたテールゲートとは違い、リアスペースを最大限使い切ったデザインとなっています。

カモフラージュから覗くテールライトグラフィックは最新のメルセデスベンツ「Aクラス」にも採用されてたデザインが取り入れられています。

「Aクラス」はテールレンズの周りをぐるっと一周するデザインだったのに対して、「GLB」では2つの「円」というかラインで構成されています。

なんだか、フランス車などに採用されているユニークなデザインのテールライトグラフィックですね。

外側のテールレンズの下にある横長のLEDの帯がウィンカーのようにも見えます。

今流行の「流れるウィンカー」かどうはかまだ定かではありません。

スポンサーリンク

新型SUV「GLB」のインテリア

メルセデスベンツの新型SUV「GLB」のインテリアです。

最新の「Aクラス」に採用されているインテリアデザインとインフォテイメントシステムがそのまま移植されているという印象です。

すでに「Aクラス」が発売されているので、とりわけ新しいという感覚はありませんが、その使い勝手の良さと高級感はさすがメルセデスベンツと言ったところでしょうか。

「Hi、メルセデスベンツ」でお馴染みのAIが搭載された音声対話システム、MBUXが搭載されたインフォテイメントシステムも搭載されるようです。

また、メルセデスベンツはセーフティ機能にも力を入れていて、2019年発表し、2020年発売されると考えれば「自動運転」の先駆けのような新しい装置が装備される可能性もありますね。

コンパクトな上に、「乗ってよし」「積み込んでよし」とアウトドア派のユーザーには最適の一台となるでしょう。

スポンサーリンク

新型SUV「GLB」の予想CG

カモフラージュだけでは何もわからない!

とお嘆きのあなたにM's reportは応えます!

今回も有能なCGクリエイターが新型「GLB」の予想CGを作成していました。

こちらです、はい、ドン!

海外の自動車情報サイト「carscoops.com」にJosh Byrnes氏が制作した新型「GLB」の予想CGが掲載されていました。

このような有能な才能を持つJosh Byrnes氏に敬意を払います。

予想CGでは最新のメルセデスベンツに見られるヘッドライトデザインが用いられ、ひと目でメルセデスベンツとわかるフロントマスクとなっています。

「Bクラス」は「Aクラス」と比べると少しファミリー向けというか、デザインの面でもちょっとだけデフォルメされいて「カワイイ」要素が入っているんです。

そんな「Bクラス」っぽいデザインがこの予想CGにはちゃんと反映されています。

「Gクラス」に影響されたと思われるフォルムも、プロトタイプのまま表現されていて現実的なデザインですね。

フロント周りの予想CGだけなのでリアテールグラフィックなどは分かりませんが、ちょっと可愛らしいメルセデスベンツでコンパクトでスペーシーなSUVとなれば、日本でも売れそうなスペックですよね。

予想されるパワートレインは「1.4リッター直4ターボガソリンエンジン」と「1.5リッター直4ターボディーゼル」となっています。

遅れて「2.0リッター直4ターボガソリンエンジン」が登場し、最後に「プラグインハイブリッドモデル」がラインアップされる運びとなるでしょうね。

もちろんアグレッシブなユーザーの為に、メルセデスAMGも遅れて発売されます。

「Aクラス」と同様に、「GLB 35(300馬力)」と「GLB 45(400馬力)」の2タイプが用意されると予想されています。

まとめ

メルセデスベンツの新型SUV「GLB」は2019年9月に行われる「フランクフルトモーターショー2019」で発表され、2020年初頭から販売が開始されると予想されています。

SUV人気もあり、アウディ「Q3」、BMW「X1」、ボルボ「XC40」、キャデラック「XT4」、ジャガー「E-pace」、レクサス「UX」とライバルも強敵ばかりです。

だからこそメルセデスベンツのラインアップの中でも特にスペースユーティリティに定評のある「Bクラス」をベースとすることで、ライバルを圧倒するラゲッジスペースと使い勝手の良さをアピールし、一気に拡販していく計画だと思われます。

日本ではちょっとオシャレな「なんちゃってSUV」という外観よりも、新型「GLB」のような「箱型SUV」の方が意外と売れるんじゃないかと思っています。

しかも「外車」「広い」「使い勝手良い」「ハイテク」「高級感」「ベンツ」「荷物が乗る」「コンパクト」「SUV」と日本人が好きなキーワードがてんこ盛りですからね。(笑)

良く見てみると「GLB」のシルエットはまるで「ミニランクル」みたいでなので違和感なく受け入れられると思います。

新型「GLB」の正式発表が楽しみですね。

関連記事

ベンツの購入をご検討のあなたへ

ベンツを安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう