Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

ドイツの自動車メーカーであるメルセデスベンツが、世界戦略モデル「Cクラス」のフルモデルチェンジを2020年中に発表する予定であることが分かりました。

5代目となる新型「Cクラス」には、フルモデルチェンジを控えているメルセデスベンツのフラッグシップ「Sクラス」のハイテク装備が反映されることも期待されています。

またパワートレインには、48Vマイルドハイブリッドの搭載やプラグインハイブリッドモデルのラインアップも計画しているとのことです。

今後数月以内に発表される見通しとなる新型「Cクラス」のプロトタイプが目撃されていますので、その情報も一緒にご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

新型「Cクラス」プロトタイプ

新型「Cクラス」プロトタイプのフロントマスクです。

例によって厳重なカモフラージュが施されています。

新型「Cクラス」のヘッドライトデザインは、新型「CLS」や新型「Aクラス」に採用されているヘッドライトデザインではないようですね。

どちらかと言うとメルセデスベンツの電気自動車「EQC」に見られるデザインが採用されているように見えます。

グリルとフロントバンパー、そしてボンネットに関してはダミーカバーが入れられていて、そのデザインとシルエットはまだうかがい知る事は出来ません。

新型「Cクラス」のサイドビューです。

綺麗な弧を描くルーフラインとそのラインに沿う様にデザインされたウィンドウモールが確認できます。

ショルダーラインは、メルセデスベンツ「Sクラス」と同様にリアに進むにつれて下へと絞られるデザインが採用されていることが分かります。

このプロトタイプで一番インパクトが強いのはサイドパネル下部にあるダイナミックラインです。

フロントドアからリアドアにかけて描かれたダイナミックラインはホイールアーチまで一気に駆け上がっている事が分かります。

このダイナミックラインは先代「Cクラス」には見られない大胆なデザインになっていますね。

サルーンの優雅さと、スポーツカーのようなダイナミックさを融合した新しいデザインになっているようです。

新型「Cクラス」プロトタイプのりあびゅーです。

この角度からだとリアドアのダイナミックラインがより一層際立って見えます。

エッジの効いたダイナミックラインとは違い、リアフェンダーはふっくらとしたグラマラスな印象を受けます。

Cピラーに合わせて湾曲したリアガラスが採用されているようですね。

トランクパネルとリアテールライトにはダミーパネルが装着されているので、全貌はまだ確認する事は出来ません。

厳重なカモフラージュが施されてはいますが、メルセデスベンツの特徴が随所にみられるものになっています。

スポンサーリンク

新型「Cクラス」パワートレイン

新型「Cクラス」に用意されるパワートレインは、4気筒と6気筒のガソリンとディーゼルエンジンを基本として開発するとみられています。

すでに先代モデルでも採用されている48Vのマイルドハイブリッドシステムは、さらに強力なシステムへと生まれ変わるでしょう。

さらにBMW「330e」に匹敵するプラグインハイブリッドモデルも発表する予定となっています。

メルセデスベンツは2022年までに10台の完全な電気自動車を市場に投入すると発表していることから、新型「Cクラス」にも電気自動車の設定があると思われます。

マイルドハイブリッド、プラグインハイブリッド、そして電気自動車。

新型「Cクラス」に死角はないようです。

スポンサーリンク

新型「Cクラス」インテリアの流出画像

新型「Cクラス」プロトタイプのインテリア画像が早くも流出しました。

海外の自動車情報サイト「carscoops.com」に掲載されたスパイ画像を見ると、ドライバーの前にはお馴染みのデジタルクラスターが装備されています。

センターコンソールにシフトレバーが確認できないので、新型「Cクラス」でも引継きコラムシフト(ステアリングの後にあるレバー)による切換えとなるようです。

そして、センタークラスターには存在感のあるデュアルスクリーンの大型ディスプレイが採用されている事が確認できます。

このインテリアデザインは、新型「Cクラス」よりも先に発表される新型「Sクラス」にも採用されたレイアウトになっています。


新型「Sクラス」に採用されたディスプレイよりも小型化されてはいるものの、迫力は充分になります。

上のモニターはインフォテイメントシステムとなっていて、ナビゲーションをはじめ、車輌の様々な設定や情報などが表示されます。

下にはタッチセンサー式のエアコンのコントローラーになっているようですね。

ボタンがほとんどないインテリアは斬新と言うか、まるで電気自動車のインテリアのようですね。

新型「Cクラス」完成予想CG

イギリスの自動車情報サイト「Auto Express」が作成した新型「Cクラス」の完成予想CGをご紹介します。

カモフラージュから確認できるヘッドライトのイメージが良く反映されていると思います。

サイドからリアにかけてですが、一番見たかったリアへ跳ね上げられたダイナミックラインが反映されていないのが残念ですね。

しかしながら、美しい弧を描くルーフラインやショルダーラインなどよく再現されていると思います。

テールライトデザインは最新のデザイン言語を反映したものとなっていて、現実性のある予想CGですね。


まとめ

メルセデスベンツの2021年モデルとなる新型「Cクラス」についてご紹介しました。

メルセデスベンツの顔ともいえる「Sクラス」をそのまま小さくしたような「Cクラス」には、見た目だけではなくテクノロジーも反映していることが分かりました。

特に「Cクラス」は日本でも扱いやすいサイズということもあり絶大な人気を誇るセダン車です。

「Sクラス」譲りの風格とテクノロジーが搭載されるだけではなく、プラグインハイブリッドや電気自動車のラインアップまで計画されている新型「Cクラス」は日本でも受け入れられるでしょう。

こんな凄い車を出されたらBMWやアウディはどう出るのでしょうね?

むしろそこが気になりますね。

5代目へとフルモデルチェンジを果たす新型「Cクラス」の発表が楽しみです。

最後まで読んでいただきましたありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう