Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

アウディA6オールロードが4代目へと進化を遂げました。

アウディA6オールロードは、アウディのハイエンドモデル「A6」の乗り心地はそのままに、悪路走破性を向上させたアウトドア高級車です。

ベースとなるのはアウディでも人気のあるステーションワゴンの「アバント」。

「アバント」は、ステーションワゴンの使い勝手と積載量を犠牲にせず、スタイリッシュで美しいボディフォルムが特徴的です。

1999年に初代A6オールロードが発売されてから今回で4代目となるA6オールロードをご紹介します。

スポンサーリンク

新型アウディA6オールロード

まずは4代目へとフルモデルチェンジを果した新型アウディA6オールロードのエクステリアとインテリアをご紹介します。

新型アウディA6オールロードのエクステリア

アウディA6オールロードの特徴の一つとしてあげられるのは、グリルのデザインです。

レギュラーモデルではグリルの格子は水平基調なのに対して、オールロードではシルバーモールが施された縦基調が採用されています。

これにより、レギュラーモデルよりも力強い印象を与えてくれます。

ロアバンパーはアルミ塗装を採用することによりオフロード車の無骨な印象ではなく、力強くも都会的でスタイリッシュな印象に仕上げられています。

タイヤアーチにはオーバーフェンダー化されたカバーが装着されます。

敢えてボディと同色にしないことでオフロード車という演出を行っているようです。

サイドスカートにはアウディA6オールロードオリジナルの「quattro」ロゴが刻まれたアルミプレートが採用されています。

リアバンパーにもフロントバンパー同様に、アルミ塗装されたパンパ―カバーが採用されているので、レギュラーモデルとは一味違った雰囲気を感じる事が出来ます。

新型アウディA6オールオードのインテリア

新型アウディA6オールロードのインテリアです。

インテリアに関しては、オールロードモデルだからと言って特別な違いは見うけられません。

メーターナセルにはアウディバーチャルコックピットが収まり、センタークラスターには10インチと8インチのタッチパネル式のインフォテイメントシステムが鎮座しています。

車両電源が落ちるとディスプレイがブラックアウトすることで、ピアノブラックのパネルと一体化するという粋な演出が憎らしいですね。

シートはレザーシートとなりますが、ブラック、ベージュ、ブラウンの3色から選択可能となっています。

ちなみに、インテリアの見た目は一緒ですが、アウディA6オールロードには、車両の傾きや急傾斜を降りる時に自動で車速をコントロールしてくれるシステムが採用されています。

さすが高級車に悪路走破性を兼ね備えたモデルならではの装備ですね。

スポンサーリンク

新型アウディA6オールロードの走行性能

新型アウディA6オールロードが凄いのは見た目だけではありません。

オールロードにはアダプティブエアサスペンションが装備されます。

これこそがオールロードの最大の特徴であり、選ぶメリットではないかと思います。

アダプティブエアサスペンションは、「Offroad」「Allroad」「Comfort」「Dynamic」というモードにより制御されます。

基本となる「Comfort」モードでは、地上高を55mmに保ち、ジェントルで快適な硬さに制御されることによって、とても乗りやすい味付けになっています。

「Dynamic」モードでは、「Comfort」モードより更に15mm低くなり、スポーツ走行を意識したしっかりと硬い足回りに変化します。

この「Comfort」と「Dynamic」で時速120kmを超えると車高はさらに15mm下がり、より安定した高速走行を行う事が可能です。

「Lift」モードは「Comfort」から更に45mm車高が上がります。

路面が凸凹道だったり、浅い川などといった障害物を回避するためのモードと考えておきましょう。

「Off road」モードでは最高時速が35km/hに制限されるので、それ以上のスピードを出すと自動的に「Allroad」の車高に変更されます。

その「Allroad」モードですが、「Comfort」と比べると30mm高くなります。

こちらのモードも最高時速80km/hの制限があります。

アウディA6オールロードには、時と場合により車高の上げ下げと乗り心地までコントロールできるアダプティブエアサスペンションが標準装備されるというのは魅力的ですね。

ちなみに、このアダプティブエアサスペンションはレギュラーモデルには設定がありません。

まさにアウディA6オールロードだけの特別な装備と言うわけです。

もちろんこのアダプティブエアサスペンションに組み合わせれるのは世界トップレベルのフルタイム四輪駆動システム「quattro」です。

スポンサーリンク

まとめ

新型アウディA6オールロードをご紹介しました。

アウディA6という高級車に、敢えてステーションワゴンとSUVの中間に位置するアウトバックを設けています。

SUVのような走破性を持ちながらも、SUV車高では表現できない低重心ならではのスポーティ性能をも兼ね備えた、まさに走りに拘る方へのモデルではないでしょうか。

エクステリアでは一目でオールロードとわかる様に専用のグリル、バンパー、タイヤアーチ、サイドスカートが与えられています。

都会的でありながら、オフロード走破性の高い車がもつ力強さを兼ね備えたエクステリアです。

そしてなんといってもその悪路走破性を本物の物にしているアダプティブエアサスペンションにも注目すべきでしょうね。

車高と乗り心地を自在に操る事の出来るサスペンションによって、走る場所を選ばない最高の車と言えるでしょう。

そんな新型アウディA6オールロードですが、2019年6月から欧州を中心に発売が開始されると予想されています。

搭載されるパワートレインはマイルドハイブリッドを搭載した3.0ℓのディーゼルエンジンとなるようです。

もしかすると日本仕様でもアウディA6オールロード初のディーゼルエンジンの導入となるのかもしれません。

新型アウディA6オールロードの日本導入時期はまだ発表されていませんが、おそらく2020年中には導入されると予想します。

そんな新型アウディA6オールロードの価格ですが、ドイツ本国では€61,500スタートとなっています。

日本円にすると約7,440,000円、これに日本仕様用の様々な快適装備が付帯されると考えると少なくとも1000万円以上は覚悟しなければならないでしょう。

今後も新型アウディA6オールロードに注目しましょう。

よく読まれています

アウディの購入をご検討のあなたへ

アウディを安く購入したい!

車の購入にあたり、よく「値引き」という言葉を聞きます。

あなたは「値引き」にばかり気を取られてはいませんか?

自動車業界では、「下取値引き」という言葉があります。

言葉の通り、「下取査定額」+「値引き」=「下取値引き」です。

「値引き」の目的は、欲しい車を少しでも安く買う為ですよね。

つまり、自動車の購入にあたって「値引き」のみに固執するのではなく、「下取査定金額」も含めて考えることで、誰よりも安く欲しい車を買うことが出来るのです。

そこで「買取一括査定」が一番下取金額を上げる手法として知られています。

ディーラーの営業マンが言うのもなんですが、「買取一括査定」の金額の方が上回っているケースが多いです。

むしろ、ディーラー査定でも、自動車業者用の入札システムを採用した査定システムを導入しているくらいです。

しかし、その「買取一括査定」のシステムは非常に面倒です。

私も利用しましたが、一斉に「実際に車が見たいので、いつ伺っていいですか?」と電話がかかってきます。

「仕事をしているし、休日に来てもらうしかないようなぁ」

と、休日にアポを入れるわけですが、現車を見たいという連絡がひっきりなしにきます。

仕事中、接客中、休憩中、お構いなしに携帯が鳴りまくります。

結果、あなたの大切な休日が査定業者の査定訪問で丸一日潰れます!

私の感想ですけど、正直、マジで、面倒くせ~というのが本音です。

しかし、「買取一括査定」がディーラーよりも高額で買い取っていくケースが多いのも事実!!

そんな嫌な経験をした私だからこそ少しでも愛車を高く売りたいあなたにお勧めする「高額買取一括査定」は、

最大10社をWEBだけで比較【"いつのまにか査定"のUllo(ウーロ)】

です。

「WEBだけで」というだけあって、営業の電話など一切なく、あなたの大事な愛車の「査定」がいつのまにかおわっているのです。

あなたの売りたい車の情報を登録し、あなたの車を買いたい業者が査定額を提示します。

あなたに直接値段を提示するのは、中古車販売店です。

だからこそ、「オークション」「下取相場」といった「平均」に囚われることなく、あなたの愛車の最高値を提示出来るのです。

しかも、「査定がしたい」などという口実の電話は一切ありません。

まずは、最大10社があなたの入力した情報を元に査定金額をサイトの管理画面に提示します。

そして、「高値を付けた買取業者のみに査定をお願いする」ことが出来ます。

つまり、あなたの車を「出品」して、買いたいお店が入札し、一番高い値を付けたお店とだけ交渉し、最高値で売ることが可能と言うわけです。

まさに「あなた主体の査定システム」ですね。

登録したからと言って必ず売る必要はありません。

提示された最高価格に納得がいけば売ればいい話です。

ちなみに、私はこのサービスを利用することで、下取価格を35万円upすることが出来ました!

もちろん登録は無料です。

査定料も無料!

面倒くさい手続きは一切不要!

しつこい営業電話も一切ありません。

電話の査定もたった1回だけ!

しかも、あなたが一番高く査定してくれる業者を選び、その業者だけが査定に伺うシステムなのであなたの貴重な時間を無駄にはしません!

もちろん、金額に納得いかなければ売る必要はありません。

断ったからと言って費用も一切かかりませんので安心して依頼して下さい。

あなたの愛車の相場が今どれくらいか知りたい程度でも全然大丈夫です。

登録無料、査定無料、簡単査定、迷惑電話一切なし!

さぁ、あなたの愛車の査定はいくらでしょう?

詳しくはUlloリンクをご覧ください。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう