Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

アウディから発売されている3列シートSUV「Q7」の高性能モデルである「SQ7」が改良新型となって2019年9月末から発売されます。

4.0ℓのディーゼルエンジンが発生させる最高出力は435PSと最近のパフォーマンスカーと比べると変哲もない数字です。

しかし、最大トルクは驚異の900Nmという途方もない数字を叩きだします。

これは9.0ℓのガソリンエンジンと同等のトルクです。

「SQ7」のベースモデルである「Q7」は日本でも3列シートという利便性とSUVならではの迫力あるデザインとサイズでセレブの間では人気の車です。

エンジンライアップは252PSを発生させる2.0ℓターボと3.0ℓスーパーチャージャーの2種類のガソリンエンジンが用意されています。

「アウディQ7で2.0ℓエンジンなの?」と思うかもしれませんが、これがなかなか扱いやすく想像以上にストレス無く走れるエンジンとなっています。

残念ながらアウディ「Q7」のパフォーマンスモデルである「SQ7」はまだ日本では未導入で正規で発売されたことはありません。

しかし、今回改良新型となったことで「SQ7」の日本導入の可能性が出てきました。

アウディとしては日本では40年ぶりとなるディーゼルモデルを導入しています。

この2.0ℓのディーゼルエンジンを搭載した「Q5 40TDI」を皮切りに今後もディーゼルモデルを投入すると思われます。

ということで、今回はそんな日本未導入の高性能SUV「SQ7」の日本導入が有ると仮定すると日本発売時期がいつのなるのか。

また、日本での販売価格がいくらくらいになるのかを予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

アウディ「SQ7」の日本発売時期はいつ?

アウディ「Q7」の高性能モデルである「SQ7」の日本発売時期は2020年後半以降と予想します。

改良新型となった「SQ7」ですが、本国では2019年9月末頃のデリバリーが予定されています。

2020年早々にはアメリカでも納車が始まると思われますが、日本では少し遅れがでそうです。

先ずは改良新型となった「Q7」の導入から進めなくてはならないのですが、日本での発表は2019年中はなさそうです。

2020年第二四半期(4月~6月)に「Q7」のマイナーチェンジが発表となり、早ければ半年ほどで「SQ7」が導入されるでしょう。

とは言え、不安もあります。

いくら2.0ℓのディーゼルモデルを日本に導入したからと言って、4.0ℓの高性能ディーゼルモデルがすんなり日本に入ってくるのかと言われたらちょっと自信なくなります。

アウディは「A4」「A5」の高性能モデル「S4」「S5」に搭載するエンジンをディーゼルのみに変更しています。

つまり、今後「Sモデル」を販売するにあたり、ディーゼルモデルを導入しない限り日本では販売できないという大きな問題があるのです。

このことから、アウディの日本輸入元であるアウディジャパンは是が非でもディーゼルモデルの導入に向けて最善を尽くすと考えられます。

少し導入には時間がかかるかもしれませんが、高性能ディーゼルモデルが日本に導入される確率は以前とは比べ物にならないくらい高いと思われます。

よって、アウディ「SQ7」の日本発売時期は2020年後半以降と予想しました。

まぁ、「早くても」という言葉を付け加えた方が良いかもしれませんが、少なくともアウディが各種ディーゼルモデルの日本導入に前向きになっていることは間違いなさそうです。

【2019年8月23日追記】

アウディではアメリカや日本などの高性能ディーゼル規制がある地域のためにこれまでの「Sモデル」に搭載されていた高性能ガソリンを開発する計画があることが分かりました。

アウディは新しい排ガス規制に順応する為「Sモデル」を高性能ディーゼルエンジンに置き換えているので、高性能ガソリンを作らなくなると思っていました。

しかし、どうしても導入が困難な地域の為に高性能ガソリンを作ってくれるみたいですね。

ということは、「SQ7」の日本への初導入の可能性はもっと高くなったと言えます。

今まで実績のある高性能ガソリンエンジンであれば日本の認可をパスすることが出来ると思います。

高性能ディーゼルエンジンであれ高性能ガソリンエンジンであれ、導入のための認可申請には時間がかかると思います。

気長に待つ必要はあると思いますが、「SQ7」の日本発売に一歩近づいたことは間違いないでしょう。

「SQ7」の日本導入に期待しましょう。

スポンサーリンク

アウディ「SQ7」の日本発売価格はいくら?

アウディ「SQ7」の日本での発売価格ですが、1,300万円前後と予想されます。

この数字の根拠は、欧州市場においての設定価格が5人乗りで94,900ユーロ(約11,482,900円)、7人乗りで96,420ユーロ(約11,666,820円)となっていることです。

欧州仕様は基本モデルにかなり事細かにオプションが設定されています。

日本仕様車にはある程度のオプションが追加され「高級車」らしい装備となっていることがほとんどです。

よって、欧州価格から100~150万円程高い価格せってになると予想されます。

標準装備とは別に、アウディレーザービームヘッドライトのようなハイテク装備やパワークロージングドアや高性能エアコンといった快適装備。

そして、カーボンセラミックのブレーキユニットといった高性能装備に至るまでオプションを設定しているようです。

なんでもかんでも付けていたら余裕で1,600万円くらいになるのではないでしょうか。(汗)

とにかく高価な事には変わりありませんが・・・・。

スポンサーリンク

まとめ

改良新型となったアウディ「SQ7」の日本発売時期と発売価格を予想してみました。

あくまで推測ですが、ある程度根拠のあるものになっていると思います。

アウディはこれまで一度も4.0ℓという大排気量のディーゼルエンジンを日本導入した実績がありません。

「SQ7」をはじめとする、高性能ディーゼルエンジン搭載モデルの日本デビューも公式発表があるまで気が抜けない状態です。

とは言え、アウディはル・マン24時間レースでも実績のあるレーシングディーゼルエンジンの技術を応用した高性能、且つ、低燃費の次世代ディーゼルエンジンを「Sモデル」に採用しています。

これから高性能ガソリンエンジンではなく、次世代ディーゼルエンジンの時代を迎えるにあたって、日本にだけディーゼルエンジンが導入できないという事態にはしないと思われます。

アウディとしては、どんな手を使っても導入してくると思うので、期待しておきたいところです。

アウディ「SQ7」を狙っている人は、気長に日本で発売されるのを待つ必要がありそうです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう