【ロシアによる軍事侵攻】ポルシェは全てのモデルで一時的に製造中止を発表!

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻の影響は、欧州に様々な影響を与えています。

まだ正式な発表はされていませんが、ドイツのスポーツカーメーカーとして知られているポルシェが全てのモデルにおいて一時的に製造を中止する準備をしているようです。

Caleb氏のツイッターアカウントで公開された情報の信憑性は不明ですが、「The March production will be partly stopped for all model lines.」とはっきりと書いてあります。

※「The March production will be partly stopped for all model lines=3月の製造は全てのモデルで一時的に停止を予定する」

さらに文言は続き、製造が停止されるモデル名が明記されています。

911 GT3/Touring
911
718
Cayenne
Macan
Panamera
Taycan

ご覧の通り、ポルシェの全てのモデルが一時的に製造中止になると記載されています。

軍事侵攻⇒ロシアの軍事侵攻で半導体と触媒不足で自動車が製造できなくなる可能性がある?

スポンサーリンク

ポルシェが製造中止にする期間は?

画像引用元:carscoops

ポルシェが製造を中止にする期間については不明です。

Caleb氏のツイッターアカウントに投稿された文章には製造を停止する日の記載はありますが、停止する期間、及び、開始する日の記載は確認できません。

モデル名製造停止日
911 GT3/Touring3月17日~
9113月31日~
7183月14日~
Cayenne3月7日~
Macan3月2日~
Panamera3月2日~
Taycan3月3日~

ポルシェがどのくらい製造中止するのかは不明ですが、何カ月という長期間ではないことを望んています。

VW電気自動車の生産中止⇒ロシアのウクライナへの軍事侵攻によりVWグループのEV製造を一時中止!

スポンサーリンク

ポルシェが製造中止を決断した理由は?

画像引用元:carscoops

ポルシェが全てのモデルの製造中止を決断した理由は、製造に必要な部品の供給が望めないからです。

自動車の製造には約40,000のサプライヤーが関わっていますが、その内1つでも欠けたら車は製造することは出来ません。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻によって、半導体の製造に不可欠なネオンガス、排ガス触媒に必要なパラジウム、そして、電気ケーブルハーネスなどの自動車を製造するにあたって必要な部品が不足しています。

その背景にはウクライナとロシアによって供給されていたものが多大に影響しています。

ポルシェとしても製造に必要な部品が揃わなければ、製造したくても出来ませんよね。

ロシアによるウクライナへの軍事侵攻が長期化すればする程、自動車メーカーによって新車が製造出来なくなります。

そうなれば、数多の自動車メーカーが倒産、あるいは合併という方法で生き残りをかけるしかなくなります。

自動車好きとしては、出来るだけ多くの自動車メーカーに数多の車を開発&販売して欲しいと願っているはずです。

一刻も早いロシアとウクライナの停戦と和平に向けた話し合いが進むことを願っています。

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND