メルセデスベンツ新型「GLEクーペ」発表!さらにスポーティなクーペルックを手に入れた!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

2019年8月28日、メルセデスベンツは2代目となる新型「GLEクーペ」を発表しました。

「GLEクーペ」は、メルセデスベンツの主力の大型SUVモデルである「GLE」から派生したクーペSUVモデルです。

スタイリッシュなクーペフォルムを持つクーペSUVは世界中で人気が高まっています。

あのスーパーカーメーカーとして知られるランボルギーニも「ウルス」というクーペSUVを販売しました。

2018年のランボルギーニの総販売台数である5750台の内、「ウルス」の販売台数は約30%を占める1761台を販売しています。

ちなみに、「ウルス」は2018年7月に発売されたので、実質たったの半年でそれだけ売れていることになります。

メルセデスベンツとしても高級クーペSUV市場は決して見逃せるものでありません。

ライバルであるBMWからは「X6」、アウディからは「Q8」、そしてポルシェからも「カイエンクーペ」が市場に投入されています。

どのモデルも最新のデザインとテクノロジーを惜しげもなく投入された先鋭達ばかりです。

そんな人気にクーペSUV市場に投入された新型「GLEクーペ」は一体どんな車になっているのかご紹介しましょう。

スポンサーリンク

新型「GLEクーペ」外装

新型「GLEクーペ」のフロントマスクです。

一足早くフルモデルチェンジを受けた「GLE」にも採用されている最新のデザイン言語が採用されています。

グリルにはメルセデスベンツのデザインアイコンである「ダイヤモンドグリル」が確認できます。

曲線で構成されたデザインによって、メルセデスベンツらしい優雅さと存在感を印象付けていますね。

フロントマスクの印象を決定付けると言っても過言ではないヘッドライトはフルLEDで構成された最新のヘッドライトになっています。

新型「GLEクーペ」のサイドビューです。

キャラクターラインに頼らないメルセデスベンツらしいサイドビューとなっています。

特にルーフラインはまさにクーペのような美しい弧を描きながらバックドアに流れています。

更にルーフエッジではなく、バックドアにリアスポイラーを採用するデザインが、まさにクーペらしいフォルムを強調していますね。

サイドパネルにも注目してください。

メルセデスベンツのセダン車にみられるお尻が下がったデザインは採用されず、前から後ろに駆け上がるスポーツカーのようなデザインが採用されています。

フロントの曲線を中心としたデザインとは打って変わって、サイドパネルは直線で構成されています。

ルーフにSUVならではのルーフレールがないことが、より一層クーペデザインを強調するものとなっています。

新型「GLEクーペ」のリアビューです。

「GLE」のデザインとは全く違った印象を受けるデザインになっています。

「クーぺならではのリアスポイラー」「バックパネルのエンブレム」「面積の小さなリアガラス」「吊り上がったテールライト」「大型のリアディフューザー」

「GLE」の派生モデルとはいえ、「GLEクーペ」の方が明らかにスポーティな印象を受けるデザインになっていますね。

共通するデザインはマフラーエンドのデザインくらいなものです。

「GLEクーペ」は確かにスタイリッシュでカッコいいと思います。

スポンサーリンク

新型「GLEクーペ」内装

新型「GLEクーペ」のインテリアです。

同じプラットフォームを使用しているだけあってインテリアは「GLE」と共通のデザインになっています。

12.3インチのデジタルクラスターの横には、同じ大きさのインフォテイメントシステム用のディスプレイが採用されています。

ボタン類も最低限の数に抑えられているのでスポーティでラグジュアリーな印象を受けます。

ダッシュボードからドアにかけてデコラティブパネルが採用され、それに沿うようにマルチカラーアンビエントライトが室内を横切ります。

センターコンソールに設けられたハンドグリップにもアンビエントライトが採用されています。

メルセデスベンツはこの辺の光を使った演出が抜群に上手ですよね。

ダッシュボード表面はステッチのあるレザーARTICO(フェイクレザー)が使用されているので、見た目だけではなく触り心地もかなり上質なものとなっています。

フロントにあるドリンクホルダーには飲み物の温度を保ってくれる温冷機能付になっているなど、嬉しい装備が付いています。

スポンサーリンク

新型「GLEクーペ」エンジン

新型「GLEクーペ」のパワートレインを予想しましょう。

欧州では「GLE」のエンジンラインアップと同じ3タイプが採用されるようです。

最高出力272PSと最大トルク600Nmを発生させる3.0ℓターボディーゼルエンジンを搭載する「350d」。

最高出力330PSと最大トルク700Nmという太いトルクを発生させる3.0ℓターボディーゼルエンジンを搭載する「400d Sport」。

この2タイプが売れ筋モデルとなっています。

最後は、最高出力367PSと最大トルク500Nmを発生させる3.0ℓターボガソリンエンジンを搭載する「450 Sport」となります。

これらのエンジンは日本でも「GLE」で導入されているので、何の問題もなく「GLEクーペ」でも採用されると思います。

各社フラッグシップクーペSUVモデルには力を入れています。

激戦区に投入するモデルだけあって「GLEクーペ」の完成度はかなり高いものになっていますね。

新型「GLEクーペ」の日本導入が楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう