メルセデスベンツ新型「C class(Cクラス)」が発表目前!最新インテリアをスクープ!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

ドイツのプレミアムブランドであるメルセデスベンツの主力モデル「C class(Cクラス)」の開発が最終段階に入っています。

現在の「Cクラス」は2014年に発売されて以降、6500箇所を見直すなどのビッグマイナーチェンジが行われ成熟しています。

宝石箱のようなヘッドライトデザインに始まり、伝統的な高級車に見られる後方にかけてなだらかに絞られるシルエット。

アルミパネルと木目パネルの適切な配置とマルチカラーアンビエントの演出による高級感のあるインテリア。

まさに「メルセデスベンツワールド」を全面的に押し出すデザインが印象的です。

最近の「Cクラス」はメルセデスベンツのフラッグシップモデル「Sクラス」をそのままコンパクトにしたデザインが取り入れられています。

その忠実な再現により「Cクラス」は「ミニSクラス」と称されるほどです。

私も「Sクラス」と思い近づくと、「あれ、ちっちゃい・・・・あっ、Cクラスじゃん!」と毎回上手に騙されています。(笑)

そんなメルセデスベンツの「ミニSクラス」こと「Cクラス」がフルモデルチェン目前となっています。

今回は現在(2020年10月現在)知り得ている新型「Cクラス」の情報をまとめてみました。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ「Cクラス」エクステリア

私が絶大な信頼を置いている海外の自動車サイト「carscoop.com」様から画像を引用しています。

新型メルセデスベンツ「Cクラス」のエクステリアについてですが、後方に下がる伝統的なシルエットには変更が無いことが確認できます。

カモフラージュ越しではありますが、フロントマスクは最新のメルセデスベンツの意匠によるデザインが採用されているので大きく変更されると予想されます。

「Cクラス」は「ミニSクラス」と揶揄されているのできっと新型「Cクラス」も新型「Sクラス」に似ているとすると・・・。

新型「Cクラス」のフロントマスクはこんな感じになると思われます。

これまでメルセデスベンツのイメージでよく耳にするのは、「イカツイ」「オラついている」「成金」など正直あまり良いとは言えないものが少なからずあるのも事実です。

しかし、最新のメルセデスベンツのデザイン言語からは「イカツイ」イメージは受けません。

どちらかと言うと「落ち着き」や「クール」と言った印象を受けます。

おそらく新型「Cクラス」も落ち着いたデザインに刷新されることは間違いなさそうです。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ「Cクラス」インテリア

新型「Cクラス」のインテリアのスクープ画像です。

これまで通りドライバーの目の前には長方形のデジタルクラスターが採用されていますが、やはり注目すべき点はセンタークラスター中央に鎮座する大画面のパネルです。

少なく見積もっても10インチ以上あるタッチアップディスプレイを採用した画面には、OLED(有機LE)技術が採用されているようです。

OLEDディスプレイを簡単に説明すると「電気を通すと自ら発光する素子パネル」です。

画像引用元:「EIZO株式会社」様より

OLEDはパネルそのものが発光する為、液晶パネルに必要なバックライトが不要になります。

つまり、バックライトがないOLEDパネルは「黒」を液晶パネルよりも鮮明になるのです。

このためOLEDディスプレイの画像はとても鮮明に映し出されるというわけです。

さらに、液晶パネルに必要な「バックライト」「液晶」「カラーフィルター」という構造が、OLEDには必要ないことによって2~3mm程度の超薄型パネルに出来るのです。

メルセデスベンツのデジタルクラスターとインフォテインメントシステムにはこのOLEDディスプレイが採用されています。

新型「Cクラス」のインフォテインメントシステムには「Sクラス」同様に最新のMBUオペレーションシステムが導入されます。

この動画のように、新型「Sクラス」に採用されている「指紋認証」や「顔認証システム」によるドライバーの特定機能は搭載されると思われます。

手の動きでインフォテインメントシステムを操作する「モーションセンサー」の採用は不明ですが、市街地の「3Dマッピング」と革新的な「ヘッドアップディスプレイ」の採用はあるかもしれません。

まさに「Cクラス=ミニSクラス」は伊達ではないと言うことです。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ「Cクラス」エクステリア予想CG

carscoops.com」様によって予想された新型「Cクラス」のCGです。

メルセデスベンツは明確なプレスラインではなく、曲線によるキャラクターラインを採用していました。

しかし、メルセデスベンツの最新のデザイン意匠では、ハッキリとしたプレスラインを採用しています。

この新型「Cクラス」の予想CGにも、その明確なキャラクターラインが表現されています。

新型「Cクラス」はこのままのデザインで発表されるかもしれませんね。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう