アウディ新型「S5シリーズ」マイナーチェンジでマイルドハイブリッド化へ!

どうも、Mです。

アウディは「A5シリーズ」の高性能モデルとなる「S5シリーズ」のマイナーチェンジを発表しました。

「A5シリーズ」は、アウディのDセグメントセダン「A4」から派生した世界中で人気のあるクーペモデルです。

「A5シリーズ」のラインアップは、2ドアクーペモデルの「A5 Coupe 」、4ドアクーペモデルの「A5 Sportback」、そして、2ドアオープンモデルの「A5 Cabriolet」の3タイプあります。

その「A5シリーズ」を更にスポーティに仕上げた高性能モデルが「S5シリーズ」です。

「S5シリーズ」の「S」は「Sport(スポーツ)」を意味するだけあって、高出力を発生させるエンジンを搭載し、スポーティなスタイリングにエキサイティングな走りが魅力的な車です。

「S5シリーズ」のラインアップは、2ドアクーペの「S5 Coupe」と4ドアクーペの「S5 Sportback」の2タイプが用意されています。

その「S5シリーズ」が「A5シリーズ」のマイナーチェンジに伴い改良新型へと移行します。

そしてついにエンジンがマイルドハイブリッド化されることとなりました。

今回はそんな次世代エンジンを手に入れた改良新型「S5シリーズ」をご紹介します。

スポンサーリンク

新型「S5 Coupe」

新型「S5 Coupe」です。

アウディ「A5」もしくは「S5」が好きな方なら一発で変化に気付くでしょう。

ヘッドライトグラフィックは、これまでの「ライン」から「水平カット」された最新のデザイン言語を用いたデザインが採用されています。

ボンネットとシングルフレームグリルの間にはアウディの名車として名を馳せた「スポーツクワトロ」からインスピレーションを得た3本のスリットが確認できます。

ラジエターグリルは「Sモデル」に採用されていた「水平基調のダブルバーのシルバーグリル」から「ハニカムメッシュのブラックとシルバーグリル」に変更されています。

フロントバンパーには、大型化されたサイドエアインテイクとシルバーのフロントアンダースポイラーを確認することが出来ます。

サイドエアインテイクにもシルバーで塗装された力強いフィンが採用されたことで、スポーツグレードであることを強調しているようです。

サイドスカートはダイナミックラインに沿うように絞られているので、とてもスポーティなフォルムになっています。

まるで引き締まったトップアスリートの体のようですね。

「S5 Coupe」のリアビューです。

ヘッドライトと同じデザインコンセプトを採用したリアテールライトグラフィックにより、一目でアウディと分かるキャラクターを手に入れています。

リアディフューザーにもシルバーのパーツが採用されたことで、ボディラインにメリハリと、よりスポーティな印象を与えるものとなっています。

マフラーは「Sモデル」専用の4本出しマフラーである「クワッドエキゾーストシステム」が引き続き採用されています。

リアディフューザーがブラックアウトしているので、クロームのマフラーエンドが際立っていてカッコいいですね。

ちなみに、アウディのSUV「Q5」の高性能モデル「SQ5」のマフラーエンドはダミーでしたので、『もしかして「S5」も?』と思っていましたが、どうやら取り越し苦労で済んだようです。

やはりスポーツモデルはマフラーがカッコよくなくてはなりません!

アルミホイールは標準で19インチとなり、オプションで20インチまで装備できそうです。

スポンサーリンク

新型「S5 Sportback」

日本でも大変人気のあるスタイリッシュな4ドアクーペモデル「S5 Sportback」です。

フロントマスクは「S5 Coupe」と共通ですが、セダンには絶対に出せない4ドアクーペならではのリアへと続く伸びやかなラインこそ「S5 Sportback」のデザインですね。

この女性的なラインというか、柔らかい曲線美というか、とにかくこの「S5 Sportback」のシルエットに魅せられた人は多いでしょう。

ヘッドライトユニットはハイビームの自動配光システムの他に、最新のライティング技術である「レーザービームヘッドライト」も採用されます。

「レーザービームヘッドライト」は通常のハイビームの約2倍の照射距離(250m~300m)を可能にするというこれから注目される次世代技術の一つです。

この照射距離により少しでも早く障害物を確認できることで事故を未然に防ぐことが出来る「アクティブセーフティ」として期待されています。

これまでアウディのレーシングモデル「R8」とハイエンドモデルの「A8」や「A7」という高級モデルにしか設定されていなかったのですが、ついにこのクラスでも選択可能となりました。

新型「S5 Sportback」のリアビューです。

伸びやかなテールゲートのラインとクオーターガラス付近のDピラーの仕上げ方が本当にセクシーです。

最新のグラフィックとシャープなシルバーラインによってワイド&ローなデザインが強調されていることが分かります。

もちろん「S5 Sportback」にも「クワッドエキゾーストシステム」が採用されています。

アルミホイールはタービンブレードのようなアシンメトリーデザインのものが採用されています。

このアルミホイールデザインはスポーツカーならではの軽量で速そうには見えませんね。

しかし、都会的で遊び心のあるアルミホイールデザインは「S5 Sportback」というキャラクターには合っていると思います。

スポンサーリンク

新型「S5」パワートレイン

見た目だけ速そうというだけでは「Sシリーズ」は名乗れません!

新型「S5シリーズ」には最新の高性能パワートレインが搭載されます。

最高出力346PSと最大トルク700Nmを発揮する3.0V6ℓターボのディーゼルエンジンです!

高性能ディーゼルエンジンがついに「S5シリーズ」に搭載されます。

さらにこの高性能ディーゼルエンジンに今流行りの48Vのマイルドハイブリッドシステムが組み合わされます。

マイルドハイブリッドシステムはエンジンをアシストしてくれるのですが、「S5シリーズ」の高性能モデルはターボにもモーターが装着されます。

このモーターを回すことにより低回転時のターボラグなくし、瞬時に700Nmという驚異的な最大トルクを発生せる準備をすることが出来るのです。

組み合わされるトランスミッションは高トルクにも対応する8速ティプトロニックが採用されます。

高性能ディーゼルエンジンになるのはいいのですが、ここで懸念されるのは日本導入の可否です。

これまで高性能ディーゼルエンジンを日本に導入したことがないので認可取得が難しいかもしれないと予想されています。

しかし、一方でアメリアや日本のような一部の国に対して、従来通りの3.0ℓV6ターボのガソリンエンジンの開発を行う準備があると報じるところもあります。

日本導入には少し時間がかかるかもしれませんが、「S5シリーズ」は日本に入ってくる可能性は高くなりましたね。

まとめ

アウディ「A5」の高性能モデル「S5シリーズ」をご紹介しました。

レギュラーモデルも十分いいですが、やはりスポーツグレードを見ると断然そっちの方が良く見えます。

「本当に速い車をゆっくり走らせる美学」に興じるのもいいかもしれません。

スペックだけではなくスタイルも伴ったアウディのスポーツモデル「S」の名に恥じない高性能な車だと思いました。

特にフェイスリフトされたことによって、より一層アウディ色が濃くなったようです。

本国のアウディ「S5シリーズ」はディーゼルエンジンへとシフトしました。

700Nmを発揮する高性能ディーゼルエンジンに乗ってみたい気もしますが、今のところ日本導入するかは不明です。

とはいえ、ガソリンエンジンも開発するという噂なのでメーカーも何とかしてくると思います。←希望

新型「S5シリーズ」はさらに洗練されたデザインと性能を手に入れました。

ぜひ日本でも発売して欲しいものです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

あなたはその査定額に納得していますか?

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

pickup!
RECOMMEND