アウディの高性能モデル「RS7」日本発売時期はいつ?価格はいくら?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

ついにフランクフルトモーターショー2019でアウディ「A7スポーツバック」のハイパフォーマンスモデルとなる「RS7」がワールドプレミアを迎えました。

2018年11月に「RS7」のプロトタイプが目撃されてから約10ヶ月という期間熟成されてきたようです。

M's reportでは当初2019年3月のジュネーブモーターショー2019でのお披露目を予想していたのですが、完璧に外してしまいましたね。

今回は、フランクフルトで正式に発表された新型「RS7」の日本発売時期と日本発売価格を再度予想してみたいと思います。

スポンサーリンク

新型「RS7」の日本発売時期はいつ?

新型「RS7」の日本発売時期は、2021年3月以降と予想します。

2019年9月のフランクフルトモーターショーで発表されたということは、欧州を中心に早ければ2019年中に予約が開始されると思われます。

そうなれば新型「RS7」の最初のラインオフが2020年3月頃となるでしょう。

日本への導入時期は約半年後の9月頃と予想したいところではありますが、アウディは日本導入に時間がかかるので早くとも2021年3月以降に日本で発表されると思っておいた方が良いでしょう。

同じドイツメーカーのメルセデスベンツとBMWは早々と新型車を日本に導入できることを考えると、日本の審査が厳しいから導入が遅れているということではないかもしれませんね。

アウディの日本導入の遅れの理由は、アウディもしくは親会社であるフォルクスワーゲンの社内的な都合による可能性もあります。

いずれにせよ、「欧州発売の半年後に日本デビューする」という輸入車の定義はアウディには通用しないので、ちょっと気長に待つ必要があります。

スポンサーリンク

新型「RS7」の日本発売価格はいくら?

新型「RS7」の日本発売価格ですが、1900万円前後になると予想します。

数字の根拠としては、兄弟車であり一足先にデビューした「RS6」のイギリスでの販売価格の予想が80,000ポンド(約1080万円)からと予想されていることです。

欧州を含めイギリス仕様ではマニュアルトランスミッションをはじめ、日本仕様では標準とされている様々な装備がない安価モデルが存在します。

新型「RS7」を日本仕様に仕上げるため様々なオプションを追加していくと軽く1700万円から1850万円に届くでしょう。

この車両価格に日本へと輸送料や消費税を考えた結果、新型「RS7」の日本販売価格は1900万円前後になると予想しました。

新型「A7スポーツバック」の日本仕様は3.0ℓモデルでも1000万円を超えているので、現実味のある数字だと思います。

1800万円・・・・・安いと思うか高いと思うかはあなた次第です!

スポンサーリンク

新型「RS7」に更なるパフォーマンスモデルの噂?

新型「RS7」についてですが、さらなる新情報が伝えられています。

「RS」モデルと手掛けるアウディの子会社「Audi Sport」の役員の一人が、新型「RS7」にさらなるハイパフォーマンスモデルを追加する予定があることを示唆したというものです。

その役員の話によると、新型「RS7」のパフォーマンスモデルにはプラグインハイブリッドテクノロジーを導入するとのことです。

このプラグインハイブリッドテクノロジーはアウディ「A7スポーツバック」のプラグインハイブリッドモデル「A7 Sportback 55 TFSI e」に搭載されている14.1 kWhのリチウムイオンバッテリーパックと141 hp(105 kW / 143 PS)の電動モーターとみられています。

新型「RS7」に搭載されている4.0ℓ最高出力600PSを発生するツインターボのガソリンエンジンと組み合されれば、トータル出力はなんと740PSを超えるハイパワーユニットになります。

最高トルクもおそらく1000Nm前後となるでしょう。

まさに次世代パワートレントいったところです。

この次世代パワートレインは、現在開発が進められているアウディのフラッグシップSUV「Q8」の高性能モデルとなる「RSQ8」にも搭載される可能性があるという噂もあります。

電気モーターの導入により、まさにハイパワーインフラが起こっているスーパーカー市場の競争の激化はこれからも続きそうです。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう