Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

あなたの車には「スマートキー」付いてますか?

スマートキーとは、カギを持っているだけで車の施錠開錠が可能で、室内ではエンジンスタートボタンを押すだけでエンジンのON/OFFが出来る便利な機能です。

今や3台に2台はこのスマートキー装備車となっているくらい「当たり前」の機能となりつつあります。

そんな便利な機能を逆手にとって車両を盗むという、とんでもない事例が多発しているのです。

リレーアタック

スマートキー用の車盗難方法のです。

近年この「リレーアタック」の方法を利用した車両盗難事件が増えているのです。

今回はこの「リレーアタック」の仕組みとその対策方法を色々と調べてみましたのでご紹介します。

スポンサーリンク

スマートキーでエンジンがかかる仕組み

まず、「リレーアタックの仕組み」の前に、スマートキーの仕組みをご紹介します。

冒頭でも触れたように、「スマートキー」はカギを持っているだけで車の施錠開錠とエンジンのON/OFFが可能です。

なぜならスマートキーからは電波が発せられていて、車のにある外部センサーがその電波を感知することで車の施錠開錠が出来ます。

また、室内に乗り込めば、ダッシュボード(車種によって異なる)にあるセンサーがカギの電波を感知し、エンジンスタートボタンを押すとエンジンが掛かる仕組みです。

エンジンスタートボタンを押した時に「イモビライザー」という盗難防止装置が働きます。

カギにはクレジットカードなどに使用されている電子チップが内蔵されて、車が電子IDを照合し、登録されている電子IDのみエンジンの始動を行うシステムが採用されているのです。

つまり、「イモビライザー」により、いくらカギの溝をまったく同じに複製しようが、いくら車の施錠開錠する電波だけコピーしようが、車とカギの電子IDが一致しないと車のエンジンはかからないのです。

イモビライザーがあれば車上荒らしにはあっても車の盗難はあり得ないとし、イモビライザーの有無により自動車保険において車両保険の割引が受けれるくらい信頼度の高いセキュリティシステムだったわけです。

もちろん自動車メーカーも「イモビライザー」によって車両盗難はないと自負していたに違いありません。

しかし、そんなイモビライザーも「リレーアタック」の前では「無力」となります。

リレーアタックはスマートーの施錠開錠に使用する電波の周波数だけではなく、電子IDも盗むことが出来るのです。

あなたの車がスマートキー装備車ならもしかすると明日にでも盗難されるかもしれませんよ。

スポンサーリンク

リレーアタックの仕組み

スマートキーからは常に微弱な電波が出ています。

リレーアタックはこの微弱な電波を盗み出すことが出来るわけです。

まずは主な「リレーアタック」の手順をご紹介します。

  1. 犯行グループの一人がドライバー(スマートキーを持っている人)に近づく
  2. リレーアタックの装置でスマートキーの電波を受信する
  3. 犯行グループの仲間が車に近づく
  4. ロック解除
  5. 窃盗役が車に乗り込む
  6. エンジンをかけて窃盗

それでは具体的に説明していきましょう。

スマートキーの微弱な電波はせいぜい1mくらいの範囲しか飛びませんが、犯行グループがその1m以内に入り込み、持っている装置でスマートキーの電波を受信、増幅させます。

通常1mしか飛ばない電波が増幅されることによって20m先に停めてあるあなたの車に届きます。

犯行グループの仲間があなたの車に近づき、あたかもスマートキーが近くにあると誤認している車はロックを解除してしまい、犯行グループはまんまと車に乗り込みます。

本物のスマートキーから増幅された電波は「イモビライザー」を無力化しエンジンをスタートさせ盗難するというわけです。

まさに電波のリレーですね。

スポンサーリンク

リレーアタックで盗まれた車はどうなるの?

「確かに本物のスマートキーの電波と電子IDを使用すればエンジンはかかるけど、本物のカギが無いとエンジンの再始動は出来ないんじゃないの?」

おっしゃる通り!

そうなんですよ、普通なら。

犯行グループは盗難した車を再始動できるように改造してしまうんです。

再始動出来るように改造された車は速やかに海外に輸出されます。

もうこうなったら日本の警察の範疇を超えるので、あなたの車は残念ながら絶対に見つかりません。

悲しいかな、世界には正規ディーラー車だろうが、窃盗車だろうが「乗れればいい」というユーザーがたくさんいるのです。

むしろ盗難車などの訳あり車の方が安く買えるので、好んで購入する者も多いのです。

だからこそ車の盗難はなくならないのかもしれませんが。

そんな中でも、自動車メーカーが作っている「イモビライザー機能」はとても優秀で、全ての車が簡単に改造出来るものではないのです。

改造出来ず、エンジンがかからない車は輸出しても販売できませんよね。

そういった改善できない車はどうなるかというと、バラバラにされ中古部品として売られます。

車は「車体(フレーム)」と「エンジンブロック」に「シリアルナンバー」が打刻されているので、車ごと売ればすぐ盗難車と分かります。

しかし、その他のパーツにはシリアルナンバーが打刻されていないので足がつかないんです。

元々盗んだ車、つまり原価は0円なので犯行グループは格安で捌きます。

例えば「純正ホイール+タイヤ溝6mm4本、即決で25000円」や「純正シート1万円」など他の出品と比べても明らかに「安い」値段を付けます。

格安だからあっという間に売れるというわけです。

早く売れれば売れる程「証拠隠滅」になるというわけです。

ちなみに、この「リレーアタック」の装置ですが、中国で2,000円程で売られているそうです。

なぜそんなものを作るんだ!と言いたくなります。

「リレーアタック」で盗まれている車種は?

やっぱり気になるのは「リレーアタック」をされている車ですよね。

2017年の統計ですが、2017年に盗難された7609台のうち、半分以上が「リレーアタック」で盗難されていると考えられているようです。

盗難された7609台のうち986台はトヨタのハイブリッドカー「プリウス」、そして約800台は「レクサス」とのこと。

さすが「トヨタグループ」、販売台数も半端ないですが、盗難台数も半端ないですね。

トヨタ車のセキュリティに問題があるというわけではなく、それだけ「需要がある」ということですね。

2017年に盗難された車の半分以上が「リレーアタック」によるものだとすると、「トヨタ プリウス」と「レクサス」の半分以上も「リレーアタック」による盗難である可能性があります。

つまり、「プリウス」と「レクサス」のオーナーは要注意ということですね。

「自分の車は、プリウスでも、ましてや、レクサスでもないので大丈夫だね!」

と安心しないで下さい!

「リレーアタック」はスマートキーである全ての車の窃盗が可能です。

「自分の車は大丈夫」というなんの根拠のない安心感を持ってはいけません。

「明日は我が身」という気持ちを持ちましょう。

リレーアタックの対策方法

スマートキーの微弱な電波は「1m」しか届きません。

ということで、あなたが車から出た瞬間に不自然にあなたに近づく人がいたら、その人はあなたの車を狙っている人かもしれません。

しかし、最新の「リレーアタック」の機器は、その「1m」に入らなくても、「集音器」のようにあなたのスマートキーが発する電波をとらえることが出来るものもあるようです。

実例があるもので言うと、8m離れた場所からでもスマートキーの微弱な電波と拾うことが出来るらしいのです。

そんなスマートキー装備車全てがターゲットとなる「リレーアタック」ですが、何か対策がないかどうか調べた結果。

「スマートキーの電波を盗まれないようにする」、つまり、「遮断する」ということが一番の対策であるという結果になりました。

電波を遮断する方法

有効的な方法としてアルミなどの金属製のケースにスマートキーを入れて電波を遮断するという方法があります。

金属のケースに入れることによって電波を完全に遮断し「リレーアタック」を阻止するわけです。

確かに「リレーアタック」は阻止出来るかもしれませんが、「スマートキー」としての機能も完全に失ってしまいます。

まぁ、車を盗まれるよりはマシですが、確実に不便になることは言うまでもありません。

ちなみに、スマートキーはメーカーによって形や大きさは様々なので、そんな都合良くスマートキーは入る金属のケースなんてないと思っていたのですが、「100円ショップの携帯灰皿」を使っている人もいるようです。

100円ショップにはたくさんのサイズの携帯灰皿が売られているので、確かにあなたのスマートキーに合うものが見つかるかもしれません。

ただ「電波を遮断する」という目的のみを遂行するのであれば、もっと簡単な方法があります。

それは「アルミホイルでスマートキーを包む」ことです。

アルミホイルは、料理をする家庭であればほぼキッチンにあると思います。

アルミホイルを使えば、見た目はオシャレではないけど、どんな大きさ、形のスマートキーも包み込むこと出来ます。

そうすることで「リレーアタック」は防ぐことが出来ます。

他にも、「リレーアタック」に対応した商品も続々誕生しています。

車によっては、スマートキーの効力を無効化する設定を任意で行うことが出来るシステムもあるようです。

「リレーアタック」に対抗する手段は「電波を遮断する」ことが一番有効ということです。

まとめ

「リレーアタック」は、スマートキーの利点を逆手に取った最悪の犯罪方法です。

本来、人々の生活を豊かにするために考案されたシステムが、車の窃盗をより簡単にしてしまっているという事実に胸を痛めています。

この「リレーアタック」による窃盗増加を受け、日本政府は各メーカーに対策案を打診しています。

国を挙げて危機感を募らせている事案というわけです。

メーカーが新たな対策を打ち出さない限り、現状ではスマートキーを有する全ての車種において「リレーアタック」は有効となってしまいます。

「リレーアタック」を阻止する唯一の方法は「スマートキーの電波を遮断すること」!

つまり、「金属のケースに入れる」「対策部品を購入する」「アルミホイルで巻く」「スマートキー設定を無効化する」などという手法を取り、スマートキーの増幅をさせないことが唯一の手段と言えます。

スマートキーの車であればいつどこで盗難されるか分かりません。

自分は大丈夫などという何の根拠もない自信は捨てて、最善の対策を取った方が得策でしょう。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう