Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

2020年にアウディのDセグメントの人気モデルであるアウディA4がフェイスリフトされます。

これまでより更にワイドになるシングルフレームグリル、新しい意匠のヘッドライトを与えられ、未来的なデザインから一気に高級路線に舵を取る事になりそうです。

そんな2020年モデルのA4にラインアップされる「アデウィA4オールロード」もファイスアップが予定されます。

アウディA4オールロードは、アウディのステーテーションワゴンであるアバントのリフトアップ車です。

街中を走る事を想定されているA4アバントとは異なり、リフトアップされた足廻りを与えられたことで「悪路走破性」を向上させたクロスオーバーモデルです。

さらにアウディA4オールロードには通常のA4のquattro(アウディ独自の4WD)システムとは違い、走行状況に応じて効率的にFFと4WDを切り替えることが出来る新世代のquattroが採用されていて走行性能と環境性能の両方を兼ね備えたアウトドアカーと言ってもいいかもしれません。

そんなアウディA4オールロードが2020年にフェイスリフトを迎えます。

スポンサーリンク

新型アウディA4オールロードのエクステリア

新型アウディA4オールロードの雪上走行テストのスパイフォトです。

厳重なカモフラージュが施されていてデテールは隠されていますが、ワイドになったシングルフレームグリルと新型アウディA1のヘッドライトグラフィックにも見られる最新のアウディデザインコンセプトが採用されていることが確認できます。

ヘッドライト形状は従来の「¬」型から、新型アウディA8のようなシンプルで落ち着きのあるデザインが採用されていますね。

新型と旧型を比べてみると一目瞭然です。

右の旧型と比べて新型はヘッドライト形状こそシンプルになりましたが、その独創的で存在感のあるヘッドライトグラフィックがアウディA4の存在感を際立たせています。

さらにグリルもスポーツカーのようなワイドなグリルデザインが採用されています。

ヘッドライトとグリルだけで判断してもかなり大幅なフェイスリフトになることが予想されます。

個人的には旧型はちょっと玩具っぽいフロントマスクに見えましたが、新型はA8やA6に通ずる高級感と知性を感じることが出来ます。

新型A4オールロードのサイドビューです。

アウディA4オールロードと言えば、オフロードを連想させるマットグレーのツートンカラーです。

通常グレードのスポーティーなバンパーとは違い、アウディA4オールロードではボディ下部に樹脂カバーを使用した特別なプロテクターが採用されています。

ほんの少しですがオーバーフェンダー化された事によって力強さを与えられたボディシルエットは、まさに特別なA4アバント、「トップ・オブ・クワトロ」と言っても過言ではありません。

そのアウディA4オールロードのデザインアイコンはフェイスリフト後もそのまま継承されます。

サイドパネルにもカモフラージュが施されているところを見ると、もしかするとショルダーラインやダイナミックラインなどの変更が行われるのかもしれませんね。

しかもこのテスト車両の車高の低さを見ると、新型アウディA4オールロードでは「エアサスペンション」が採用される可能性もあるかも?と思わせる程低くなっています。

もちろん憶測ですが、旧型のアウディA4オールロードは通常モデルよりも35mmもリフトアップされているのですが、スパイフォトでは「S-lineパッケージ」並みに車高が低くなっています。

兄貴分であるアウディA6オールロードのように「エアサスペンション」が装備されるのかもしれませんね。

新型アウディA4オールロードのリアビューです。

リアビューで目を引くのはやはりテールライトグラフィックですよね。

左が新型アウディA4オールロードで右が旧型アウディA4オールロードです。

比較的シンプルなグラフィックデザインだった旧型に比べて新型のグラフィックはより複雑な形状になっていることが確認できます。

まるで新型のアウディA6のテールライトグラフィックのようです。

はい、新型A6アバント、ドン!

最新のアウディのデザインコンセプトを継承しています。

新型A4オールロードのリアバンパーを見るとマフラー部は新型A6と同様にデザインされ、本物のマフラーはバンパーの裏側から下向きに設定されているようです。

フロントマスクは新型A8と新型A6のデザインアイコンを取り入れ、リアはほとんど新型A6になっていますね。

アウディA4オールロードがこんな風にフェイスリフトされたらアウディA6オールロードと区別がつかなくなってしましそうですね。

新型アウディA4オールロードのスパイフォトが撮られて、海外サイトなどで「A6」や「Q8」のデザインと話題になっているようです。

確かに似てますね。

スポンサーリンク

新型アウディA4オールロードのインテリア

新型アウディA4オールロードのインテリアに関しては憶測が飛び交っていますね。

2020年に早くもフェイスリフトが行われるアウディQ7では、インテリアのデザインをごっそり入れ替える「ダッシュボードスワップ」が行われることもあって、もしかすると新型アウディA4オールロードでも「ダッシュボードスワップ」が行われのでは?という噂です。

確かに新生アウディA4が登場し、約3年経過しようとしていますが、日本だけではなく世界中でアウディA4の販売不振が囁かれています。

だからこそ、他を圧倒するような先進的なインテリアのインストールを望む声もあるかもしれませんね。

しかしながら、アウディA4のインテリアはA4だけではなく、同じプラットフォームを使用する「アウディA5」、「アウディQ5」にまで波及しているので、そう簡単に変更することは出来ないと思います。

今のところ変わる確証も、変わらないという確証もありませんが、私の予想は「現状維持」であると考えます。

スポンサーリンク

新型アウディA4オールロードのパワートレイン

新型アウディA4オールロードのパワートレインを予想しましょう。

旧型では252PS/370Nmの2.0リッター直4ターボエンジンが採用されていますが、新型では今話題のマイルドハイブリッドが採用されると予想されます。

マイルドハイブリッドは発電機を小型の電気モーターとして使用し、充電はもちろん、加速やクルーズ時のエンジンのアシストを行うシステムのこと。

小型モーターの最高出力は5PS程と小さいですが、モーターの持つ瞬発力と強力なトルクは環境問題とパワーの両面で見ても非常に優れた動力源であることは明らかです。

新型A4オールロードのパワートレインとして、このマイルドハイブリッドシステムを搭載した2.0リッター直4ターボエンジンが搭載される可能性は極めて高いと思います。

まとめ

いかがでしたか?

新型A4オールロードはとても素晴らしい車になりそうですね。

なんと言っても、フェイスリフトが施されることによって、アウディらしい高級感が復活すると思います。

旧型が悪いわけではありませんが、これまでのアウディが手掛けた「オシャレで上質」というイメージではなく、スポーティーな味付けが強いエクステリアにちょっと違和感を抱いていたということもあり、あまり好きではなかったというのが正直なところです。

ということで、今回のフェイスリフトは良い方向に傾きそうな予感がします。

主張しすぎない美しいラインとシンプルな中に見られる技の細かさといったアウディの真骨頂が新型A4オールロードにはあるような気がします。

まだそのほとんどがカモフラージュに覆われていますが、もうすでに「アウディの良さ」が滲み出てしまっているようです。

新型アウディA4オールロードの登場が楽しみです。

スポンサーリンク
あなたはその査定額で満足ですか?

車の買い替えや買取を検討のあなた、本当にその査定額でいいんですか?

愛車を「少しでも高く売りたい」と思うのはあなたの当然の権利です。

「ネットの査定なんて面倒くさい!」私もそう思っていました。

しかし、ダメもとで申し込んでみた結果、ディーラーの下取り査定額よりもなんと35万円も高い金額が提示されました!

35万円あれば、車のオプションに充てたり、趣味の道具を揃えたり、何回も美味しい焼肉食べに行ったりできますよ!

そんな千載一遇のチャンスを見逃さない為にも、中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」であなたの愛車を査定してみて下さい!

ガリバーの「愛車無料査定」は、車種・年式・走行距離 等の簡単な入力するだけで、あなたの愛車の概算価格を知ることが出来る、カンタンで便利な無料サービスです。

どうせ値段が付かないからと諦めていませんか?

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは査定してみましょう。

それに、中古車買取実績No.1のガリバーは買取専門店ではありません!

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店です!!

「直接買取」そして「直接販売」するガリバーだからこそ提示できる査定額があります。

  • 完全無料
  • 45秒のカンタン入力

たったこれだけで、あなたが知らなかったあなたの愛車の価値を知ることが出来ます!

もちろん査定額に満足いかなければ手放す必要はありません。

「愛車無料査定」というたった一手間加えれるだけで、あなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーの「愛車無料査定」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう