メルセデスベンツ新型Sクラスの予想CGを入手!大幅なデザイン変更の予感!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

どうも、Mです。

ドイツの自動車メーカーであるメルセデスベンツが手掛ける世界に名を轟かせるビッグセダン「Sクラス」のフルモデルチェンジの時期が近づいています。

もうすでに新型Sクラスは走行テストに入っていて、その姿がカメラに収められました。

まだまだ分厚いカモフラージュに覆われていますが、開発は順調の様で早ければ2019年中にも発表になるかもしれません。

メルセデスベンツのSクラスと言えば、やはり「セレブ」や「お金持ち」といった印象が強いのではないでしょうか?

日本でも「政治家」「社長さん」「弁護士」「医者」などの社会的地位の高い人たちから「怖い人たち」からも絶大な人気を誇っています。

その人気の理由の一つはやはり「ベンツ顔」と言われるあのメルセデスベンツ特有の「いかついデザイン」でしょう。

確かに、メルセデスベンツの放つ独特の威圧感は他の車では味わえないものかもしれません。

メルセデスベンツがフルモデルチェンジされるという事は、その「ベンツ顔」も変わるということですので、新型Sクラスのデザインが気になっていることでしょう。

そんなメルセデスベンツ「Sクラス」のエクステリアをテスト車両からCGで予想した画像を入手しました。

カモフラージュ越しに見えるヘッドライトなどのラインを忠実に再現し作られたCGとなっている為、見ごたえのあるものとなっています。

スポンサーリンク

新型メルセデスベンツ「Sクラス」の予想CG

この新型メルセデスベンツ「Sクラス」のCGを作成したのはロシアの自動車情報サイト「kolesa」のNikita Chuiko氏です。

毎度のことながらこの様な非凡な才能に感謝と敬意を表します。

新型メルセデスベンツ「Sクラス」の予想CGには最新のメルセデスベンツに見られるデザイン言語が採用されていますね。

メルセデスベンツの新型「CLS」にも採用されている「台形グリル」「シャープなヘッドライト」「コの字型のデイライト」「立体感のあるバンパー」が見うけられます。

何とも言えない威圧感を身にまとっていた先代モデルとは打って変わって、洗練されたクールな印象になっています。

走行テストで捉えられた新型Sクラスと比べてみても、ヘッドライトは形状は予想CGのようにシャープな吊り目型になっているようですね。

グリルの周りの起伏などから、グリルも予想CGのような「台形」のようです。

バンパーデザインなどには違いがあるかもしれませんが、グリルとヘッドライトによるフロントマスクの印象はそう大きくは違わないかもしれません。

リアビューです。

フロントは新型CLSのようなヘッドライトになることは予想できましたが、リアビューはとても新鮮ですね。

これまでのリアテールライトの形状とは違い、トランク中央に絞り込んで集まる様なデザインになっています。

実はこのテールデザインはメルセデスベンツの新型「CLA」にも採用されているデザインとなっています。

この新型「CLA」のリアビューのように新型Sクラスも左右に広がるテールレンズが採用される可能性は高いでしょう。

さらに、テスト車両に施されたカモフラージュをよく見てみると、リアテールレンズ周りにうっすらと境目らしきラインが見えますが、予想CG同様の形状をしているいることが確認できます。

このNikita Chuiko氏により作成された予想CGは新型メルセデスベンツ「Sクラス」の市販車デザインに非常に近いと判断しています。

とは言え、新型「Sクラス」の正式発表まで時間がかかりますので、予想CGを参考として待っておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

新型メルセデスベンツ「Sクラス」の予想CGの完成度は参考にしうるレベルの高さだったと思います。

最新のメルセデスベンツのデザイン言語を取り入れるとすれば、新型「Sクラス」の持つ「威圧感」は多少和らぐかもしれませんね。

とは言え、メルセデスベンツにはスポーツ部門の「メルセデスAMG」、高級車部門の「マイバッハ」という強い後ろ盾がいるので、デザインはいかようにでもアレンジできるでしょう。

メルセデスAMG GTのように、クールな中にもアグレッシブで躍動感あふれるボディワークが新型「Sクラス」にも表現され、新たな「Sクラスワールド」を演出すると思います。

新型メルセデスベンツ「Sクラス」のワールドプレミアが楽しみですね。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう