アウディ「Q3」にプラグインハイブリッドモデルが登場か?日本導入の可能性は?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

アウディの人気コンパクトSUV「Q3」にプラグインハイブリッドモデルがラインアップされるのではないかと噂になっています。

海外の自動車情報サイト「carscoops.com」によると、南アフリカで「Q3」のラインアップと思われる謎のプロトタイプが目撃されたと伝えています。

そのプロトタイプは「Q3」初のプラグインハイブリッドモデルとなる「Q3 TFSI e」ではないかと思われます。

アウディは2025年までに20台以上の電動化モデルを市場に投入すると発表していることから、その動向に注目が集まっています。

今回はコンパクトSUVとして人気を馳せる「Q3」にラインアップされる「Q3 TFSI e」をご紹介します。

スポンサーリンク

「Q3」初のプラグインハイブリッド「Q3 TFSI e」

南アフリカで目撃された謎のプロトタイプのスパイショットです。

一見すると普通の「Q3」のようですが、フロントフェンダーをよく見てみると・・・・・。

エンジンモデルには無かった穴が開いている事が確認できます。

このプロトタイプは左ハンドルなので運転席側に設けられているようです。

この穴は充電用のコンセントを差し込むところです。

あまりにも堂々としているので、普通の人ならこの車がまさかプロトタイプだとは思いもしないでしょうね。(笑)

プロトタイプのリアビューを見てみると、リアガラスに「電圧注意」を促すステッカーも確認できます。

フロントフェンダーの「コンセント挿入口」と「電気マーク」を見る限り、このプロトタイプが電気を使った何らかのモビリティであることはまず間違いないようです。

現在のところ、この「Q3」は完全な電気自動車「e-tron」のラインアップではなく、エンジン+電気モーターを搭載するプラグインハイブリッドモデル「TFSI e」である可能が高いと思われます。

アウディでは「Q3」のプラットフォームをベースとした完全な電気自動車「Q4 e-tron」を急ピッチで開発中と報じられているからです。

アウディとしては「Q3」シリーズは内燃機関をメントしたパワートレインで展開し、ゼロエミッションである完全な電気自動車は「Q4 e-tron」に委ねると予想します。

となると、この「Q3」はエンジン+電気モーターを搭載した新開発パワートレインを搭載した「Q3 TFSI e」と考えるのが妥当ではないでしょうか。

スポンサーリンク

「Q3 TFSI e」のパワートレインは?

「Q3 TFSI e」のパワートレインですが、1.5ℓ4気筒ターボのガソリンエンジンに電気モーターを搭載した比較的コンパクトなものになると予想されています。

1.5ℓのパワートレインでありながら、最大出力は200PS以上という高出力を発揮し、バッテリーのみで50kmの走行が可能なものになるでしょう。

まぁ、パワーはまずまずですが、EV走行で50kmというのは一応合格ラインと言えるでしょうね。

ちなみに、「Q3」の兄貴分である「Q5」に登場予定のプラグインハイブリッドモデル「Q5 TFSI e」に搭載されるパワートレインは、最高出力326PSと最大トルク500Nmを発生させます。

やはり「Q5 TFSI e」と比べると「Q3 TFSI e」のハイブリッドユニットは見劣りしてしまいますね。

とは言え、まだまだ憶測の域を出ていません。

「Q3 TFSI e」と思われるプロトタイプが全く別物になる可能性も十分にあります。

最大のマーケットである中国市場では電気自動車というだけで飛ぶように車が売れます。

アウディとしても全モデルに電気自動車をラインアップしたいはずです。

ということで、中国市場へのアピールとして「Q3 e-tron」の開発も噂されているのでこれからも情報が二転三転すると思われます。

今後の情報に期待しましょう。

スポンサーリンク

「Q3 TFSI e」日本導入の可能性は?

「Q3 TFSI e」の日本導入の可能性は、十分にあると思われます。

以前、アウディはコンパクトハッチバックである「A3スポーツバック」にプラグインハイブリッドモデル「A3 e-tron」をラインアップしていました。

もちろんそのモデルは日本にも導入されているので、実績はあります。

さらに、日本市場では「ハイブリッド」は「ブランド」です。

低燃費は勿論ですが、ガソリン車ベースのモデルラインアップにおいて「ハイブリッド」は「最高グレード」というイメージが定着しています。

走っている車も「ハイブリッド」というバッチが付いているものが目立つようになってきました。

2018年現在、アウディの日本仕様にはハイブリッドモデルが1台もありません。

アウディジャパンとしても1台くらいしかもコンパクトなモデルで「ハイブリッド」をラインアップしたいと考えている事でしょう。

もし「Q3 TFSI e」が発表されれば、日本導入に向けて精力的に動き始めると思われます。

「Q3 TFSI e」の日本導入に期待しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう