ジャガーランドローバーが開発中のハイテク装置が世界を変えるかもしれない件!

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 3 分です。

どうも、Mです。

イギリスを代表する自動車メーカーの一つである「ジャガーランドローバー」が、車の常識を変える画期的且つ革命的なヘッドアップディスプレイの開発に着手していることが分かりました。

ヘッドアップディスプレイとは、フロントガラスなどを使用しドライバーの視界に直接情報を映し出す手法のことです。

この技術は軍事航空分野において開発されましたが、今では戦闘機だけではなく様々な分野にも応用されている技術です。

イギリスの老舗自動車メーカー「ジャガーランドローバー」はこのヘッドアップディスプレイに目を付け、これまで誰も成し得なかった革新的なシステムを開発しようとしています。

それが「3Dヘッドアップディスプレイ」です。

もしこの「3Dヘッドアップディスプレイ」の開発に成功すれば、その影響は自動車業界だけに留まらず、世界中のディスプレイに革命がおこると言っても過言ではないでしょう。

今回はそんな「ジャガーランドローバー」が開発に着手した世界を変えるハイテク装置になるかもしれない「3Dヘッドアップディスプレイ」と、その装置の可能性についてご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

「3Dヘッドアップディスプレイ」とは

「ジャガーランドローバー」が開発している「3Dヘッドアップディスプレイ」は、車線逸脱や危険検出を含む安全警告をフロントガラスに投影するシステムです。

必要に応じてナビゲーションの方向も提供することで、ドライバーの視線移動を最小限に抑える効果も期待されています。

さらにこのシステムの革新的なところは、車前方の奥行きを認知し、コンピューターによる拡張現実を用いてフロントガラスに画像をレイアウトすることです。

つまり、ドライバーがフロントガラスに越しに見ている現実世界に、デジタル映像を投影して重ねることというものです。

画像のように、道路の車線の上にデジタル画像が重なり車線の位置や車線逸脱の注意喚起などを行ったり、道路上に直接ナビゲーションの方向指示も投影できるというわけです。

ゲームの世界やSF映画などで見たことはあっても、このシステムを現実世界で開発、実用するには相当苦労すると思います。

この研究には名門ケンブリッジ大学の先端光電子工学センター(CAPE)も共同で当たっています。

まだ研究段階ですが、この技術が完成すれば社会に大きな影響を与え、企業のビジネス価値をさらに高めるチャンスになると開発に意欲を燃やしています。

とにかく、この「3Dヘッドアップディスプレイ」が完成すれば、車のヘッドアップディスプレイの常識を覆す大発明になるでしょう。

スポンサーリンク

「3Dヘッドアップディスプレイ」の可能性

もしこの「3Dヘッドアップディスプレイ」の開発に成功すれば、その使い道は車だけに限ったことではありません。

「ジャガーランドローバー」はこの技術をさらに進化させれば、将来的に専用のスクリーンやシャッターグラスを必要としない「3Dスクリーン」の開発の可能性も視野に入れています。

近い将来、もしかするとナビゲーションで大迫力の3D映画を楽しむことのできる世界になっているかもしれません。

もちろん、それだけではありません。

「3Dヘッドアップディスプレイ」の完成によって、夜間走行や悪天候による視界不良時などにフロントガラスに車線や障害物を表示できれば、ドライバーの負担も随分軽くなるはずです。

また、ナビゲーションなどの直視によるわき見運転事故も大幅に軽減できると考えられます。

そして最大の可能性は、自動運転の最高クラスである「レベル5」の開発に大きく貢献できるという点です。

「3Dヘッドアップディスプレイ」に採用される正確に道路や車線、そして前方の奥行きを知覚できるシステムが完成すれば、それ応用することで「レベル4」よりも安全な自動運転システムを構築することが出来るはずです。

完全無人で目的地まで到着することができるという「レベル5」の実用化は近いかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

「ジャガーランドローバー」が開発中の革新的なシステム「3Dヘッドアップディスプレイ」をご紹介しました。

「現実は小説よりも奇なり」という名言があるように、人が想像できるものって作れるんだなぁと実感しました。

もちろん現在開発中なのでまだ完成はしていませんが、時間の問題かと思います。

かの発明王トーマス・エジソンの言葉のように「1%ひらめきと99%の努力」で完成させて欲しいと思います。

世界を変えるハイテク装置になるかもしれない「3Dヘッドアップディスプレイ」の完成に期待しましょう。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう