アウディが2019年後半に発売する6台の新型「RSモデル」の価格はいくら?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 4 分です。

どうも、Mです。

アウディは2019年後半までに新たな6台の「RSモデル」をラインアップする予定です。

「RSシリーズ」はアウディのチューニング部門「Audi Sport」が展開する最強最速のハイパフォーマンスモデルです。

「Racing Sport」を意味する「RS」を冠するモデルは、「走る」「曲がる」「止まる」といった車の基本性能を限界まで高め、それぞれのセグメントにおいて高次元の走りを再現した最強最速モデルです。

アウディはそんな「RSモデル」の最新型を6台追加します。

今回はその6台の「RSモデル」の価格を予想してみました。

スポンサーリンク

フルモデルチェンジ「RSQ3」

アウディのコンパクトSUV「Q3」の高性能モデル「RSQ3」です。

アウディが世界に誇る2.5ℓ5気筒ターボのガソリンエンジンが発生させる最高出力は420PS以上と予想されています。

シリーズ史上最強最速のエンジンを搭載し、2019年にデビューします。

コンパクトSUVに走りを求める方にはおススメの一台です。

パワートレインのパワーアップをはじめ、安全運転支援システムや最新のインフォテイメントシステムなどの採用により、日本での販売価格は900万円前後になると予想されます。

スポンサーリンク

コンパクトクーペSUV「RSQ3スポーツバック」

アウディの高性能コンパクトSUV「RSQ3」から派生したモデルが「RSQ3スポーツバック」です。

「RSQ3スポーツバック」の特徴は、今や世界的にトレンドとなっているクーペSUVフォルムを持っていることでしょう。

SUVならではの車高とアイポイント(目線の位置)を確保しつつも、ボディフォルムはまるでクーペのような低いルーフ持つスタイリッシュな車です。

SUVの機能性とクーペボディの美しさの両方をバランス良く兼ね備えた「RSQ3スポーツバック」は見た目に拘りを持つ方にはおススメの一台です。

「RSQ3スポーツバック」は「RSQ3」よりも20~30万円高く設定される可能性が高いです。

よって、「RSQ3スポーツバック」の日本販売価格は930万円前後になると予想されます。

スポンサーリンク

フラッグシップクーペSUV「RSQ8」

アウディのフラッグシップSUVモデル「Q8」のハイパフォーマンスモデルとなるのが「RSQ8」です。

搭載されるエンジンは4.0ℓV8ツインターボのガソリンエンジンで、最高出力は600PS以上になると予想されています。

「RSQ8」のプラットフォームは、同じグループであるランボルギーニの高性能SUV「ウルス」とベントレーの超高級SUV「ベンテイガ」にも採用されています。

ランボルギーニ「ウルス」には650PSの4.0ℓV8ツインターボエンジン、ベントレー「ベンテイガ」には630PSの6.0ℓW型12気筒ツインターボエンジンが搭載されています。

「RSQ8」もこの両モデルに並ぶスペックが用意されると予想されます。

ちなみに、ランボルギーニ「ウルス」の価格は2780万円~。

そして、ベントレー「ベンテイガ」の価格は2004万円~。

まだ「RSQ8」の価格は発表されていませんが、おそらく1800万円前後の設定になると予想されます。

つまり、手出しを少なく世界最速のSUVに乗りたいという方には「RSQ8」はおススメの一台です。

ビッグマイナーチェンジ「RS4」

2019年7月にビッグマイナーチェンジを迎えた「A4」シリーズの高性能モデル「RS4」も一新され登場します。

最新のデザイン言語を取り入れられたヘッドライトとシングルフレームグリルを身にまといます。

さらに、インテイリアにはアウディのフラッグシップモデルである「A8」にも搭載される10.1インチのインフォテイメントシステムが採用されます。

これにより、走りと先進性を兼ね備えたRSモデルへと進化しました。

尚、「RS4」のボディ形状はステーションワゴンである「Avant(アバント)」のみです。

使い勝手の良いサイズのステーションワゴンに速さを求める方には最適の一台と思います。

新型「RS4」の日本販売価格は1200万円前後と予想されます。

フルモデルチェンジ「RS6」

世界最強のステーションワゴンと言えば「RS6」と答える人も多いのではないはないでしょうか。

あの世界的に有名なサッカー選手であるクリスチアーノ・ロナウド選手も愛用している車です。

先代の「RS6」には最高出力605PSと最大トルク750Nmを発揮する4.0ℓV8ツインターボエンジンが搭載されていました。

0-100km/hのタイムはたった3.7秒!

そんな「RS6」もフルモデルチェンジによって新型へと生まれ変わります。

新型「RS6」に採用されるヘッドライトはベースとなる「A6」のものではなく、「A7」のヘッドライトが採用されているようです。

 

テスト車両だからダミーで「A7」のヘッドライトを付けているのだと思っていましたが、そうではないようです。

新型「RS6」に搭載されるエンジンはこれまでと同じ4.0ℓV8ツインターボエンジンと予想されますが、最高出力はなんと650PS以上になると予想されています。

アウディはそう易々と世界最強のステーションワゴンの座を明け渡すつもりはないようですね。

新型「RS6」の日本販売価格は2000万円前後になると予想されています。

フルモデルチェンジ「RS7」

4ドアクーペというジャンルを確立した「A7スポーツバック」の最速モデルが「RS7」です。

先代モデルには「RS6」と同じ605PSを発生させる4.0ℓV8ツインターボエンジンが搭載されていました。

新型「RS7」においても「RS6」と同じ650PS以上を発生させる4.0ℓV8ツインターボエンジンが引き続き採用されると予想されています。

4ドアクーペという優雅でオシャレなボディスタイルに、モンスター級のハイパフォーマンスエンジンを搭載したスペシャリティカーです。

オシャレなクーペフォルムでありながら大人4人と荷物をしっかり載せることのできる車を探している方にはおススメの一台です。

「RS7」の日本販売価格は2000万円前後になると予想されます。

まとめ

アウディが2019年後半に発表する最新の「RSモデル」6台の日本発売価格を予想してみました。

最強最速モデルということもあり、どのモデルも目を疑うようなハイスペックエンジンが搭載されていますね。

もちろん、価格もスゴイですけどね。

低燃費車や電気自動車が注目されている中で「RSモデル」のような速さを追求したエンジンモデルが登場するというのは車好きとしては嬉しいですね。

もちろん乗れればそれに越したことは有りませんが、乗れなくともその存在が見るものをワクワクさせてくれることには変わりありません。

自動車の基本性能を限界まで引き上げた新型の「RSモデル」の発表が楽しみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう