BMWの高性能モデルM5がフルモデルチェンジ!2022年後半に発表?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 5 分です。

BMWの高性能モデルを象徴する「M」のエンブレムを関した5シリーズがフルモデルチェンジの準備を着々と進めています。

イギリスの自動車メディア「AutoExpress」が報じた情報によると新型M5はプロトタイプ使用したテスト走行を開始したようです。

2023年に発表される可能性を唱えていますが、2022年1月の段階でプロトタイプが目撃されたことを考えると早ければ2022年12月頃にはワールドプレミアされる可能性もあります。

今回目撃された新型BMWのM5プロトタイプから確認できる特徴などご紹介します。

スポンサーリンク

新型BMW M5フロントマスク

引用元:AutoExpress

新型BMW M5のフロントマスクです。

そもそもこの厳重なカモフラージュがされた車が本当にBMWかどうかを検証してみましょう。

BMWのアイデンティティであるキドニーグリルですが、分厚いカモフラージュにより確実には確認できませんが、グリルがあると思しき部分にはどことなくBMWのキドニーグリルのシルエットを感じることができます。

CピラーにあるクオーターガラスにはBMWの特徴であるホフマイスターキンクが確認できます。

そして決定的な特徴であるリアタイヤのアイーチは前輪よりも小さく設計されています。

以上の特徴からこのプロトタイプが間違いなくBMWであると結論付けます。

改めて新型BMW M5のフロントマスクを見ていきましょう。

カモフラージュの上からですが、キドニーグリルがさらに大きくなっていることがわかります。

キドニーグリルの下に設けられたロアグリルにも大きい空気取り込み口が設けられていることからもこのプロトタイプが冷却もしくは出力に大量の空気を必要とするモデルであることが想像できます。

ヘッドライト形状もシャープでBMWらしいデザインとなっていますが、画像を確認するとカバーが立体的になっていることがわかります。

厚みのある形状から察すると、次世代のレーザービームヘッドライトを搭載する予定と思われます。

フロントフェンダーはオーバーフェンダー化されています。

市販モデルではもっとバルキーで力強いシルエットになると予想されます。

ボンネットには鉄板らしきものをリベットで打ち込んだあとが確認できます。

ボンネット形状を隠す狙いがあるのでしょうが、もしかすると大幅な形状変更が加えられているかもしれません。

スポンサーリンク

新型BMW M5サイドビュー

引用元:AutoExpress

新型BMW M5のサイドビューです。

フロントブレーキディスクはドリルドローターが採用されています。

ブレーキキャリパーはよく確認できませんが、こちらもなかなかの大きさのものを採用されています。

カモフラージュ越しでも確認できるほどダイナミックなサイドスカート(ストーンガード)を確認することができます。

ショルダーラインは控えめですが、ドア下部にあしらわれたダイナミックラインには厚めのカモフラージュが施されているのが確認できます。

恐らくかなり大胆なラインが採用されて可能性があります。

スポンサーリンク

新型BMW M5リアビュー

引用元:AutoExpress

新型BMW M5のリアビューです。

BMWのMシリーズを象徴するデュアルエキゾーストシステムを確認することが出来ます。

大排気量ならではの白煙(水蒸気)を放出しながら加速していることがわかります。

テールレンズにも厳重なカモフラージュが施されており、その輪郭を確認することすらできません。

Cピラーに給油口のリッドのようなものが確認できます。

このリッドがモデルによるものなのか、グレードによるものなのかは不明ですが、ガソリン以外のものであることはわかります。

リアバンパーサイドが大きく抉れているように見えます。

おそらくリアタイヤハウスで発生した空気を後ろに排出するエアアウトレットになっていると思われます。

厳重なカモフラージュが施されているにもかかわらず、新型BMW M5のエキサイティングなエクステリアを確認することが出来ます。

新型BMW M5パワートレイン

引用元:AutoExpress

新型BMW M5のパワートレインについてです。

新型BMW M5に搭載を予定されているパワートレインは、MXフラッグシップにも搭載されている4.4リットルツインターボのV型8気筒のハイブリッドエンジンです。

4.4リットルV8ツインターボエンジンと電気モーターのトータール出力は737馬力、トルクは1000Nmになると予想されます。

このモンスターパワートレインはBMWの四輪駆動システム「xDrive」によって制御されます。

現行モデルのトランスミッションは8速ですが、新型BMW M5には最低でも改良型、もしかするとレクサスのように9速や10速といった多段トランスミッションが搭載される可能性もあります。

プロトタイプのサイドにご丁寧に「Hybrid Test Vehicle」と記載されています。

左のCピラーにあるリッドは電気充電用のプラグインであることは間違いなさそうです。

電気モーターの登場によりパフォーマンスカーがさらにハイパフォーマンス化しています。

特にモーターが得意とするトルク(Nm)に関してはインフォレーションが起きているようです。

早ければ2022年後半に発表される可能性のある新型BMW M5に期待が膨らみます。




スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう