アウディ「Q7」が2回目のマイナーチェンジ!電動化され2024年発表に予定?

アウディのラインアップにおいて最も古いSUVモデルである「Q7」が、2回目のマイナーチェンジを予定しています。

アウディ「Q7」は、2015年に現行の2代目「Q7」へとフルモデルチェンジを果たして以降、2019年に1回目のマイナーチェンジを行っています。

モデルサイクルとしては、フルモデルチェンジしても可笑しくない時期ですが、アウディが選択したのは2回目のマイナーチェンジのようです。

画像引用元&ソース:carscoops

アウディ改良新型「Q7」テスト車両

アウディ改良新型Q7フロント

アウディ改良新型「Q7」のテスト車両のフロントマスクです。

マイナーチェンジということもあり、比較的に軽めのカモフラージュに留まっています。

まず、アウディのデザインアイコンである「シングルフレームグリル」を確認しましょう。

シングルフレームの形状そのものには大きな変更は確認できませんが、シルバーで塗装されていた縦格子グリルは新デザインに変更されています。

新デザインのグリルパターンは一見するとモダンではありますが、好き嫌いが分かれるデザインになるかもしれませんね。

個人的には、従来通りの縦格子の方が大型SUVらしい力強い堅牢さと豪華さがあって好みでした。

改良新型「Q7」では、ヘッドライトも大きく変更されています。

シングルフレームグリルを包み込むような形状に変更された最新デザインのヘッドライトは明らかに大型化されていますね。

デイライトグラフィックとウインカーを上部に配置し、走行ライトはヘッドライトユニットの下段に採用しているようです。

このヘッドライトの配置は、アウディ「Q8」をはじめ、電気自動車「A6 e-tron」にも採用されている最新デザインです。

最新のヘッドライトユニットが採用されるの素敵ですが、アウディらしいスタイリッシュなデザインから離れていっているような気がします。

フロントバンパーの形状ですが、SUVというよりはスポーツカ―のようなバンパーデザインへと変更されるようです。

フロントバンパーの中央にはグリルよりもワイドなロアグリルが採用され、左右のエアインテイクには其々スリットが設けられて二分割されています。

アウディの電気自動車にも取り入れられているエアロダイナミクスを重視したデザインになっているようです。

アウディ改良新型Q7リア

アウディ改良新型「Q7」のテスト車両のリアです。

リアにもカモフラージュされていますが、フロントマスクほどの大がかりな変更は行わないようですね。

テールライトとテールゲートの形状は、現行モデルのままである可能性が高いです。

水平基調のリアのリフレクターの位置と形状にも変化が確認出来ませんね。

少なくとも、リアディフューザーのデザインには変更が加えられているようです。

一番気になるのは、リアディフューザーの左右に設けられている空間ですよね。

その空間から本物のマフラーエンドが出るのか非常に気になります。

現行「Q7」では「フェイクマフラー」が採用されている為、本物のマフラーは出ていません。

あまり多くの人は気にならないかもしれませんが、やはりフェイクではなく本物のマフラーエンドの方がやっぱりカッコいいと思えます。

今回目撃されたアウディ改良新型「Q7」のテスト車両を見る限り、フロントマスクの改良に重点を置いたマイナーチェンジであることが分かりました。

「Q7」のモデルサイクルを考慮するとフルモデルチェンジなのですが、アウディはマイナーチェンジを選んでいます。

もしかすると、2026年まで内燃機関の「Q7」を引っ張って、2026年以降に電気自動車として新型「Q7」を発表する予定なのかもしれません。

アウディ改良新型「Q7」パワートレイン

アウディ改良新型「Q7」のパワートレインはまだ明らかになっていません。

2023年現在、日本で販売されているアウディ「Q7」のパワートレインは、3.0ℓV型6気筒ターボガソリンエンジンのみとなっています。

48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載しているようですが、改良新型「Q7」に移行するにあたって更なる電動化が行われる可能性があります。

日本では未発表未発売のプラグインハイブリッド(PHEV)である「Q7 TFSI e」の日本導入が検討されても不思議ではないでしょう。

もしくは、2.0ℓの低排気量エンジンの再導入もあるかもしれません。

アウディ改良新型「Q7」の発表はいつ?

アウディ改良新型「Q7」の発表は2024年3月頃になると予想します。

発表は2024年3月にドイツ本国で行われ、同年7月から改良新型「Q7」の生産がスタートすると思われます。

マイナーチェンジによる生産部品の再構成は少なくとも1年ほど必要なので、テスト車両が目撃されてもすぐには行わないでしょう。

改良新型「Q7」を目にする為には、気長に待つ必要があるようです。

愛車を売るなら今が最大のチャンス!

メーカーによる新車減産と大幅な遅延により、日本の自動車市場では中古車の価格高騰が発生しています。

更なる半導体不足によって新車が生産されない状態は2025年頃まで続くと予想されています。

新車がすぐに手に入らなければ、自ずと注目されるのはもうすでに市場にある中古車ですよね。

よって、今日現在、中古車の査定・買取額が大幅に上昇しています。

日本の自動車市場は中古車の売買が活発になっていることから、愛車の高額査定を獲得するチャンスと言えます。

とにかく、今の時点で、一度あなたの愛車の価値を知るために査定価格を知ることを強くお勧めします。

あなたの愛車の査定価格を知ることによるメリットは以下の通りです。

●愛車の査定額の適正価格を知るため
●愛車の「売り時」を見極めるため
●最小限のお金で色んな車に乗るため
●ディーラーとの交渉を優位に進めるため
●あなただけが損をしないため

今現在、あなたが愛車を手放す予定がなくとも、現在のあなたの車の価値(査定額)を知っておくことは大きなアドバンテージとなります。

今後の愛車を手放す時や車の買い替え時の参考になることは間違いありません。

とにかく査定結果を見て、納得すれば手放して現金化すればいいし、納得しなければ乗り続ければいいだけです。

現在のあなたの車の価値を知るために利用してみるのも有りだと思います。

今は買取相場が上がっている今が最大のチャンスです!

あなたが想像している以上の買取額が提示されるかもしれません。

あなたの愛車の査定額をチェック!

あなたの愛車の査定額をチェックしましょう!

新車の生産遅延により、中古車の買取価格が最高値に達しています。

よって、通常時の査定なら良くても5万円だった車が、今なら15万円アップの20万円に!

通常時だったら150万円の車が50万円アップの200万円に!

もしかすると、200万円だった車が250万円以上になる可能性もあるかもしれません!

新車の生産遅延による中古車の需要急騰により、自動車ディーラーや中古車販売店の高額値引きは期待できません。

値引きが期待できない以上、車を出来るだけ安く購入するためには、あなたの愛車の査定額を最高額にする必要があります。

買取店を一軒一軒回ってもいいでしょうが、そんな面倒で時間のかかることをしなくても最高の査定額を手に入れることが出来ます。

最大20社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】であなたの愛車を査定してみてください。

MOTA車買取は、しつこい営業電話が一切ない無料の一括査定サービスです。

MOTAホーム画面

あなたの愛車の情報を登録すると、最大20社からの査定額入札が開始されます。

査定額は登録したメールアドレスで確認することが出来、最高額を入札した上位3社のみがあなたへの交渉権を獲得することが出来ます。

だから、しつこい営業電話であなたの仕事中やプライベートを邪魔されることはありません!

査定は3社とも同じ日同じ時間を指定してください!

そうすることで、たった1回の査定(時間にして20~30分程度)で最高額を知ることが出来ます!

各社の担当者を同時に競わせることで買取価格の底上げを図る狙いもあります。

査定が終われば、各社の担当者が名刺の裏にあなたの愛車の査定額を書いて渡してくれるので、あとはじっくり価格を見て考えてみましょう。

価格に納得すれば、最高額を付けた担当者に電話して話を進めても良いし。

価格に納得いかなければ、断っていただいても結構です。

もちろん、売っても売らなくても無料なので、安心して判断してください。

買取価格実績画像

私自身もMOTA車買取査定を利用してディーラーの下取価格と比べて35万円アップに成功しました!

レビューしているのでぜひ参考にしてください。

買取査定レビュー⇒【査定レビュー】高額買取に必要なのは競合させること!私は一括査定で35万円アップに成功した!

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
一回の査定で最高査定額がわかる!

車を購入する予定があろうがなかろうが、今現在のあなたの愛車の価値を知ることは大切です。

あなたの愛車はあなたの大切な財産です!決して面倒くさいからと言って軽んじてはいけません!

査定が5万円アップすれば、家族でおいしい焼肉が食べられます。

査定が10万円アップすれば、ちょっと奮発して遠くに遊びに行けるかもしれません。

査定が20万円アップすれば、行きたかった海外旅行や欲しかったものが買えるかもしれません。

査定が30万アップすれば、諦めていた上位グレードの車を検討することも出来るでしょう。

車を売買する予定がなくても、あなたの愛車の現在の価値をMOTA車買取で知ることによって、あなたの車人生が大きく変わる可能性があります!

高額査定実績

MOTA車買取では、一般相場よりも高額で買い取った実績があります!

とにかく、売る売らないは別としてあなたの愛車を査定してみることから始めましょう。

あなたが思ってもみなかった驚きの査定額が提示されるかもしれませんよ。

思ってもみなかった査定結果に、次は何の車を買おうかなぁとワクワクしながら色々な車を検索している日々が待っているかも?

45秒カンタン登録
最大20社による査定額をネットで確認
上位3社からの連絡のみ
一回の査定で最高査定額がわかる!

あなたの愛車の査定をするなら、中古車の買取価格が最高値になっている今がチャンスです。

買取額高騰中!今が最大のチャンス!!

●複数の会社を競合させて最高価格で売却しましょう!

あなたは車を乗り換えるとき、あなたの愛車をなんとなく販売店に下取に出していませんか?販売店から提示された金額は満足のいくものでしたか?もし販売店に言われるがままの査定額で下取に出していたらあなたは損をするかもしれませんよ!1社だけに査定を依頼せず、複数の会社に査定してもらい競わせることで最高値での売却を目指しましょう!

●最大10社の査定額をネット上で確認。嫌な営業電話はありません!

一括査定は短時間で何社もの買取店の査定額を知ることが出来る便利なシステムです。しかしながら、難点として挙がられるのが、たくさんの買取店からかかってくる営業電話です!MOTA車買取は、この嫌で面倒くさい電話ラッシュを無くした最も手間のかからない一括査定サービスのひとつです。実際に私も利用してなんと35万円の査定アップに成功しました!あなたが入力した愛車の情報から最大10社が値付けを行い、査定額はネット上で確認できます。そして、最高値を付けた3社だけがあなたとの交渉権を勝ち取ることが出来るシステムになっています。

最大10社をWEBだけで比較!“2度目に選ばれる”中古車買取一括査定【MOTA車買取】

Twitterでフォローしよう

RECOMMEND