新型アウディA4シリーズが2022年後半にフルモデルチェンジ発表か?

Pocket

この記事を読むのに必要な時間は約 7 分です。

アウディの屋台骨モデルであるアウディA4シリーズのフルモデルチェンジ計画は順調に進んでいるようです。

新型アウディA4 Avantのプロトタイプが目撃された情報をアメリカの自動車メディア「carscoops.com」が報じています。

まだ厳重なカモフラージュが施されてはいますが、新型アウディA4のデザイン言語のアウトラインは大まかに見ることが出来ます。

このタイミングでプロトタイプが目撃されているところを考えると、新型アウディA4シリーズは早ければ2022年後半にワールドプレミアを迎える可能性がありそうです。

今回はそんな新型アウディA4シリーズについて見てみましょう。

新型Audi A4 Avantフロントマスク

引用元:carscoops.com

今回目撃された新型Auid A4 Avantのプロトタイプと思しき車両です。

このシングルフレームグリルを見る限りこの車両が「Audi」であることは間違いないでしょう。

まずフロントマスクの印象からですが、Audiのアイデンティティであるシングルフレームグリルは横長にリデザインされアッパーグリルとロアグリルの2段構造になっていることが確認できます。

カモフラージュでよくわかりませんが、フロントバンパーの左右には縦にスリットが入っていることが確認できます。

おそらくAudiの電気自動車などにも採用されている空力構造です。

フロントバンパー左右に当たり前かのうように採用されていたなんちゃってエアインテイクは鳴りを潜めているように見えます。

ヘッドライトの意匠はこれまでのモデルに比べるとずいぶんとシャープになった印象です。

まだヘッドライトグラフィックは確認できませんが、Audiのことなのでユニークなデザインになると思われます。

気になるのはボンネットの形状です。

ボンネット表面にはプレスラインがほとんど確認できません。

さらにボンネットの形状がヘッドライトやグリルを沿った形状になっていないのが気になります。

このようなボンネット形状を採用しているメーカーとして一番に頭に浮かぶのはメルセデスベンツのAクラスです。

引用元:メルセデスベンツ

カットライン一つとっても妥協を許さなかったAudiらしからぬデザインになっています。

デザイナーが変わったのでしょうか。少し残念な気がします。

フロントフェンダーでもこれまで積極的に採用してきた「クワトロブリスター」を封印し、丸みを帯びた大人しいシルエットへと変更されています。

新型メルセデスベンツのCクラスを意識しているのか?スポーツ路線ではなくラグジュアリー路線に舵を切っているともとれるデザインへと変更されています。

新型Auid A4 Avantサイドビュー

引用元:carscoops.com

新型Auid A4 Avantのプロトタイプのサイドビューです。

このシルエットを見るだけでAudi A4 Avantとわかるデザインです。

正直このシルエットはこれ以上ブラシュアップ出来ないほど完成されています。

ステーションワゴンフォルムを極限までスポーティにするとこのシルエットになるのでしょうね。

サイドウィンドウはAudi伝統のシックスライトウィンドウが採用され、窓1:ボディ2の黄金比も健在です。

カモフラージュで分かりづらいですがはっきりとしたプレスラインやキャラクターラインは採用されていないように見えます。

この辺もメルセデスベンツのフラットなデザインを参考にしているのでしょうか?

もしそうだとしたら残念ですね。Audiの個性がなくなったように感じてなりません。

とはいえ、Audiのこのサイドシルエットは唯一無二ですので、そこが継承されただけでも良しとしましょう。

新型Auid A4 Avantリアビュー

引用元:carscoops.com

新型Auid A4 Avantのプロトタイプのリアビューです。

ほぼカモフラージュでデザインの詳細は確認しにくいですが、リアフェンダーがかなり膨らんでいるのがわかります。

フロントフェンダーには見られなかった「クワトロブリスター」がリアフェンダーには確認できます。

給油リッドの湾曲具合からみても結構なボリュームを持たせているようです。

リアバンパーからはなんとマフラーエンドが顔を出しています!

これは驚きですね。

Audiに限ったことではありませんが、昨今のリアバンパーデザインのトレンドは「マフラーエンドが無い」ことです。

一見するとマフラーエンドのように見えるものはダミーでデザインだけ組み込まれているリアバンパーになっています。

実際のマフラーエンドはリアバンパーの後ろで終わっているものが多いです。

そんなトレンドの中、このプロトタイプにはマフラーエンドが確認できます。

ぜひこのデザインはこのままで開発してもらいたいものです。

新型Auid A4シリーズの発表は2022年?

新型Audi A4シリーズの発表時期ですが、早ければ2022年後半に行われる可能性があると思われます。

Audiの屋台骨であったAudi A4シリーズですが、日本のみならず世界的に販売不振に陥っている情報があります。

デザインが受け入れられなかったのか、はたまた価格設定が消費者にはまらなかったのかは不明ですが、Audiとしては一刻も早くこの問題を打開したいと思っていることでしょう。

ライバルであるメルセデスベンツからは新型Cクラスが発表され、そのシェアを伸ばしています。

そういった背景を考えると早ければ2022年中に新型Audi A4を発表して注目を集めたいと思っているはずです。

Audi A4シリーズは基本的にはキープコンセプトを保ち、フルモデルチェンジを行ってきましたが、今回の新型Audi A4シリーズは抜本的なデザイン改革を行うようです。

明確なプレスラインを描かず、曲線と面で構成された艶めかしいラインを強調したエクステリアを採用すると予想されます。

それに伴いヘッドライト形状をはじめ、グラフィックや照射なども近未来的なイメージを持たせる画期的なデザインが採用されることでしょう。

今回のスパイフォトでははっきりとは確認できませんが、インテリアも大幅に変更されるでしょう。

引用元:carscoops.com

スパイフォトの1枚にかろうじてインテリアが移っているものがあったので拡大してみました。

ドライバーの横に走行テストの数値を表示するパソコンがあるのが確認できますが、問題はダッシュボードです。

大きく張り出したモニターのようなものが確認できます。

引用元:メルセデスベンツ

これが走行テスト用のモニターなのかどうかはわかりませんが、ドライバーに近い位置に何かしらのモニターが採用される可能性があります。

メルセデスベンツのAクラスのようなデジタルメーターとインフォテイメントシステムが一体化したようなものになるのかな?

いやいや、それだけは勘弁ください。

とにかく、新型Audi A4シリーズがフルモデルチェンジに向かて開発を進めています。

今後の動向に期待です。




スポンサーリンク
車を高く売りたいあなたへ朗報です!!

中古車買取実績No.1のガリバーが車のフリマ「ガリバーフリマ」を開始しました!

中古車店であなたの愛車と同じグレード、年式、走行距離の車の販売価格を見て「思っていたより高く売れるかも?」と思ったことありませんか?

私の場合、高く売れるだろうと思って査定に持っていったら、思っていた金額より40万円以上低かったという経験があります。

それもそのはず、「査定額」=「店頭価格」ではないからです。

下取や買取された車は商品車として仕上げられ店頭に並びます。

商売である以上、「査定額」に「利益」を乗せた金額が「店頭価格」となるわけです。

言い方を変えると、あなたの愛車の本当の価値は「店頭価格」であり、その販売店が得ている「利益」分あなたが損しているとも言えるのではないでしょうか?

そんなジレンマを吹っ飛ばすサービスを中古車買取最大手のガリバーが始めちゃいました!

この「ガリバーフリマ」はこれまでのネット査定とは違います!

カンタンに説明すると、あなたの愛車を、あなた自身が評価して、あなたが売るイメージです。

あなたが使わなくなった服や靴、お祝いでもらったコップやお皿など、今やネットで個人売買が簡単に行える時代です。

「ガリバーフリマ」はその個人売買を手軽に行えるサービスです。

面倒な決済や車の輸送・書類手続き・名義変更などは全てガリバーが代行してくれます。

また取引を行う際はお互いの個人情報を開示せずにやり取りができるので安心です。

もちろん会員登録とあなたの愛車の出品には一切料金はかかりません!無料です!

料金がかかるのは、売買が成立した場合のみです。

あなたが大切に乗った愛車は、あなたが思っている以上に価値のある車かもしれません!

だからこそ、まずは「ガリバーフリマ」にあなたの愛車を無料で出品してみましょう。

ガリバーは中古車販売実績No.1の中古車販売店だからできる販売網により想定以上の価格で売れるかもしれませんよ!

出品方法は3通りです。

  • スマホ登録
  • 電話で受付
  • ガリバーの店舗

「ガリバーフリマ」であなたの愛車の査定額が数万円、もしかすると数十万円上がる可能性は十分に有り得ます!

あなたの大切な愛車をもっとも高評価してくれるところを探すために、まずは中古車買取実績No.1のガリバーが提供する個人売買サービス「ガリバーフリマ」をぜひお試しください。

Twitterでフォローしよう